大企業が大大リストラ 副業で稼ぐ力が必要な時代が来る


ここ最近になって、NEC、エーザイ、カシオ計算機、コカ・コーラ、富士通などの大企業が、続々とリストラを行っています。

しかもその数は半端なく、数千人規模に及ぶ大大リストラです。

最近富士通で行ったリストラ対象は、全社員ではなく「45歳以上の社員」でした。

45歳以上ともなれば、永年続いてきた終身雇用制度により、企業が社員に支払う給料は高額になっています。

一度上がってしまった給料を下げることはなかなか難しいです。

更に45歳以上ともなれば、頭の中身も固くなってくるお年頃ですから、企業にとってお荷物になっている人も多くいるのでしょう。

「新陳代謝をして若いアイデアがほしい」などと言えば聞こえはいいですが、「大幅に上がった人件費をカットしたい」というのが企業の本音でしょう。

今回は、これから日本が迎える厳しい時代に向けての副業の重要性について記事にしています。

リストラは中小企業にも伝染する

富士通やコカ・コーラなどの大企業が、こぞって大大リストラを行っていますが、恐らくこの流れは今後も変わらないでしょう。

しかも最近になって、経団連の中西会長が、

「正直言って、経済界は終身雇用なんてもう守れないと思っているんです」

などと発言したことは、ネット各所で話題になっています。

 

経団連の目的項目には、

「総合経済団体として、企業と企業を支える個人や地域の活力を引き出し、我が国経済の自律的な発展と国民生活の向上に寄与すること」

などと記載されていますが、国民生活の向上に寄与することを目的としている経団連がこんな発言をするということは、既に終身雇用は崩壊しているといっても過言ではありません。

 

 終身雇用とは、正社員が定年になるまで継続して雇用することを言いますが、終身雇用と年功序列賃金制は日本の高度成長期に作られた制度であり、人材を確保したい企業にとっても大きなメリットがありました。

しかし、これからの日本はどうでしょうか。

少子高齢化が加速度的に進み、経済が衰退していく中、終身雇用と年功序列賃金制は、企業にとってメリットはほとんどなくなったといってよいでしょう。

しかも厄介(?)なことに、リストラが行われれば株主から「あの会社は再生しようとしている」という評価を下され、株価が上昇することが多くあります。

株価を特に気にしている経営者は「再生のため」という口実のもと、更なるリストラに踏み切ります。

 

ちなみに私は42歳になりましたが、これは決して他人事ではありませんね。。。

 

今は大企業の大大リストラが話題になっていますが、この流れはいずれ中小企業にも伝染してくるはずです。

大企業であれば仮にリストラされたとしても、45歳以上であれば数千万円の退職金が出るだけマシです。

しかし、中小企業で45歳以上がリストラされようものなら退職金は雀の涙ですので、それは死の宣告に等しいです。

 

話しは変わりますが、SMBCコンシューマーファイナンスが行った調査によると、30~40代の4人に1人が貯金0という調査結果が出ています。

調子したSMBCコンシューマーファイナンスが金融会社ということもあり、全国で見ればさすがに4人に1人が貯金0ということはないとは思いますが、仮に貯金0の人がリストラされてしまえば自己破産以外の選択肢はありません。


副業で稼ぐ力が必要になる

リストラに合わないためには、企業にとって必要な人材になるしかありません。

企業が必要な人材だと思えば、給料が高くてもリストラに合う可能性は低いでしょう。

このブログを見ている特に若い世代の人達は、英会話、プログラミング、マーケティング力など、これからの時代に沿ったスキルを身につけていくことを心掛けるといいと思います。

 

私にはまだ小さな子供がいますが、自分の子供に学校の勉強を無理強いさせるつもりはありません。

「勉強ができることで人生の選択肢が増える」ことは教えますが、それをやるかやらないかは本人次第です。

勉強ができても将来お金持ちになれるとは限りませんし、それこそ上にあげたスキル等、突出した何かを持っている方が生きやすい時代になるかもしれません。

 

元号も令和に、、時代は変わり、終身雇用制度は崩壊したのです。

 

終身雇用制度の崩壊と共に、企業だけに頼る時代も終焉を迎えました。

今では5割の企業が副業を「容認(黙認)」しているそうです。

これからの時代を生き抜いていくためには、企業だけに頼ることなく、自ら稼ぐ力をつけていく必要があります。

 

副業にはいろいろありますが、私のオススメはクラウドワークスです。

クラウドワークスには様々な仕事があります(web設計、アプリ開発、ロゴやバナーの制作、キャラクターデザイン、リサーチやwebマーケティング、内職や軽作業、音楽制作etc…)。

自分の得意な分野であれば、楽しく仕事ができますし、実績を重ねることで評価が上がりそれに応じて報酬も上がってきます。

ヤフオクなどでもそうですが、ネットビジネスは実績を重ねることで目に見えて評価が上がり、それに伴い売上が上がる仕組みとなっています。

 

▼得意な分野がなければ、webデザイナーの勉強をしてみるのもいいかもしれません。

6ヶ月で未経験からWebデザイナーになる!【デジタルハリウッド STUDIO by LIG】

 

報酬が上がってくれば、増々仕事にやりがいが生じるはずです。

空いた時間を副業に当てて稼いでいる人もたくさんいますが、中には会社を早期退職し、クラウドワークス専業で仕事をしている人も結構いたりします。

 

昨今のインターネットの登場により、お金を稼ぐ方法は多種多様になりました。

何かしら副業を実践して稼ぐ力を身につけていくことは、これからの時代に必要だと思います。

 

もちろん、当サイトでもオススメしている投資は欠かせません。

初心者の方であれば、株式投資で1発勝負をかけるよりも、インデックスの長期投資をオススメします。

 

インデックス投資については、

インデックス投資とは? 概要やメリット おすすめの投資先など詳しく紹介

初心者がインデックス投資を実践するための分かりやすい道しるべ

 

投資信託や、つみたてNISA(ニーサ)については、

「投資って何?」そんな初心者の方へ 投資について分かりやすく解説します

「投資信託」を初心者に分かりやすく解説「地味な投資」こそが資産を増やす近道

【投資初心者へ】つみたてNISA(ニーサ)をどこよりも分かりやすく解説します

投資は40代からでも遅くない!! つみたてNISA(ニーサ)のすすめ

それぞれの記事を参考にしてみてください。

 

応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

>>トップページに戻る

関連記事

男女別の副業ランキング 兼業でできるおすすめの副業は?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です