女性が節約するためには 化粧品代を効率よく抑えることがポイント


男性と違って女性の場合は、毎月固定費のように化粧品代がかかってきます。

女性が節約するためには、いかに化粧品代を効率よく抑えて、普段の生活を送るのかということも重要なポイントです。

「毎月の化粧品代を少しでも減らしたい・・」「本格的なメイクは不要で、形だけ整えればいい・・」という人も少なからずいると思います。

女性の化粧品代は、節約生活にははずすことができないポイントですよね。

今回は、女性が化粧品代を効率よく節約するための方法などについてまとめてみました。

女性の化粧品(コスメ)代はどれくらいかかる!?

女性の場合は、毎月かかる化粧品代は意外とバカにならないんですよね。

化粧品代がかかりすぎて、生活費を圧迫することさえあります。

自分自身化粧品代は結構使っていると思うけど、実際いくらくらい使っているのか正確に分からない、という方は、一度家計簿をつけてみることをおすすめします。

家計簿を2~3ヵ月つけてみるだけで、毎月化粧品代にいくらお金を使っているのか正確に分かりますし、化粧品代だけではなく、他に何にお金を使っているのかも丸裸になります。

是非家計簿で、毎月の出費を正確に調べてみてくださいね。

 

化粧品に話を戻して、女性の化粧品代について、ひと月でだいたいどれくらいかかるのかについて調べてみました。

統計データによると、女性の化粧品など美容にかかる費用は、1ヶ月で平均1~2万円程度発生します。

20~40代の女性に対してのアンケートの結果は、コスメ(基礎化粧品、メイク代)とネイル・エステ代、美容室代、マッサージ代がかかっています。

上の項目の中から、コスメにかかっている額は平均でおよそ5千円程度です。

しかしコスメにかける金額も当然人それぞれですので、お洒落な人はコスメ代だけでひと月2万円近く使用している人もいます。

当然もっと高い費用をかけている人もいるわけで、コスメ代だけで3万円近く使用しているという人もいます。

ネイルとマツエク、マスカラなどの目周り、ヘアーだけで、ひと月2万円程度かかってしまうという人も少なくありません。

これらのコスメ代(化粧品代)を少しでも節約することができれば、そのお金を貯蓄や投資に回したりできますので、これらの消費は是非抑えたいところです。

 

そこで女性の化粧品代の節約には、安いプチプラコスメがおすすめです。

プチプラコスメは安かろう悪かろうではなく、安いにも関わらず、センスが良く質が良いという物が多くあります。

化粧品代は単発的なものでなく毎月永久的にかかってくる費用になりますので、化粧品代を節約することで、その分毎月貯蓄が増えるわけです。

これから節約生活を頑張りたいという女性の方は、ちょっと工夫してひと月にかかる化粧品代を抑えるようにしてみてはいかがでしょうか。


プチプラなコスメが人気!?

今若い女性の間で、プチプラショップが大変人気となっています。

プチプラとはプチプライスの略で、プチの小さいという意味と、「プライス=価格」を組み合わせた造語となります。

プチプラとは、ただ単に安い商品のことを指しているのだと勘違いしてしまいがちですが、そうではなく、高品質で使い勝手も良い商品のことを指します。

つまり価格が安いにも関わらず、良質でセンスのある商品のことをプチプラと言います。

ただ単に安いだけの商品ではありませんので、是非検討してみてください。

 

プチプラのコスメは、若い女性の間で大変人気になっています。

女性の場合、このプチプラのコスメを工夫して使用することで、毎月の化粧品代をかなり抑えることができます。

私もそうでしたが、特に20代の若い世代の方は、社会人になったばかりですので貯蓄もそれほど多くはないでしょう。

そんな若い世代を中心に、プチプラのコスメが大変人気になっています。

 

プチプラのコスメを扱う専門店は数多くありますが、100円ショップで購入するという方法もあります。

100円ショップといえばダイソーですが、ダイソーのコスメ(化粧品)は良品が多く、口コミでの評判も良いですよ。

トレンド商品なども置いてあり、種類も豊富に取り揃えてあります。

顔周りのメイク商品だけでなく、ネイルやヘアーの手入れができるアイテムなども充実しています。

また、メイク用品だけでなく、洗顔やメイク落とし、化粧水、乳液といった毎日のお手入れに欠かせない物も100円均一ショップで揃えることが可能です。

これから節約をがんばりたいという人は、百貨店などで化粧品を購入せずに、100円ショップやドラッグストアのコスメコーナーでプチプラコスメを利用してみてはいかがでしょうか。

ブログ村には役立つ情報があります。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

まとめ

今時の男性は化粧をする人も多いようですが、それでも女性ほど化粧代はかからないでしょう。

化粧品代は、ほとんどの女性に必ず発生する固定費のようなものです。

まずは2~3ヵ月間家計簿をつけてみて、化粧品代にどれだけ費用が発生しているのかを把握してから、節約方法を考えることをおすすめします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

>>トップページに戻る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です