お金が貯まらない人に共通する意外なダメ行動5選


私達が普段の生活の中で、お金を増やしていくためには何をすればいいのでしょうか。

節約上手になることも大切ですし、将来を見据えて少しずつコツコツと資産形成をしていくことも大切です。

しかしお金を増やしていくためには、節約することや資産形成をしていくこと以外に、普段の考え方や行動の面で気をつけなければいけないことがたくさんあります。

今回は、お金がなかなか貯まらないという人のいくつかの共通点についてご紹介します。

1.リボ払いにしている

お金が貯まらない人の共通点として、リボルビング払いにしている人が挙げられます。

リボ払いはクレジットカードの支払方法の1つで、債務の額(支払い残高)に応じて毎月の支払額が決められています。

欧米では一般的に利用されている支払方式です。

 

リボ払いには、残高スライド方式と定額方式の2種類があります。

残高スライド方式は、あらかじめ決められている支払残高のランクに応じて、毎月の支払額が増減する方式です。

支払い残高が増えると、毎月の支払額が増えてしまいます。

一方、定額方式は、毎月の支払額が一定という安心感がありますが、支払い期間が延びるため、その分の手数料を支払わなければいけない方式です。

これからお金を貯めたいという人は、無駄な手数料や利子を払わないようにするためリボ払いはやめて、一括払いをするよう心がけることが大切です。

2.家に帰るとテレビばかりを見ている

お金が貯まらない人は「時間の管理ができず、テレビを夜遅くまで見てしまっている」という人が多くいるように思えます。

テレビを見ている時というのは思考がほぼ停止状態ですので、その間というのは全くもって無駄な時間です。

仕事から疲れて帰宅して時に、たまにはだらだらとテレビを見て、くつろいでいてもいいかもしれません。

しかし毎日何時間でもボーッとテレビを見ていて「気づいたら夜更かししていた!!」なんて経験のある人は、ちょっと注意した方がいいんじゃないかなと思います。

なぜならその行動自体が、時間の管理ができていないことに繋がるからです。

時間の管理ができない人は、当然お金も管理もできません。

お金持ちの人は誰でも、時間を大切にそして上手に使っています。

確かにテレビには有益な情報があることもありますし、見たいテレビもあると思いますので、適度に見ることは構いませんが、だらだらと何時間でも見ることはやめた方がいいと思います。

家にいる時でも、生活のメリハリをつけて見るようにするといいと思いますよ。


3.ファーストフードやコンビニ弁当ばかり食べている

ファーストフードやコンビニ弁当は値段が安いと思いがちですが、実は意外とお金もかかっていているため、結果的に節約になっていないことが多いです。

コンビニで、パンやおにぎり、飲み物を買ってしまうと、あっという間に500円オーバーしてしまいます。

 

食費を安く抑えるためには、自分で料理を作ることが何よりの安上がりです。

またファーストフードやコンビニ弁当は、自身の健康にもよくありません。

ファーストフードはコレステロールが多いので、高カロリーで栄養素が少なく、動脈硬化や悪玉コレステロールの増加などが懸念されます。

ファーストフードやコンビニ弁当ばかり食べている人は、なるべく自分で自炊(料理)をするように心がけましょう。

4.体重がいつの間にか増えている

体重管理が苦手な人は、お金を貯めることも苦手である人が多いです。

お金を貯めることができない人の特徴として、コンビニ弁当やファーストフードばかり食べている、と記載しました。

コンビニ弁当やファーストフードばかり食べていると、健康に悪影響があるだけではなく、体重が増加してしまいます。

また体重管理が苦手な人はお金を貯めることも苦手である理由としては、ただ単に食生活の問題だけではありません。

▼以下BIGLOBEから引用した記事になります。

「体脂肪率と資産は反比例する。太っているお金持ちもいるが、長い目でみれば、やがて間違いなく資産を失う」というのが理事長の持論でした。

理事長が、さらに「今の体重と、目標体重の2つ」を聞いたのは、参加者が「数字に強いか、弱いか」を見極めるためです。

「今の体重」を即答できる人は、「現実を直視する力」を持っているからです。

今の「自分の数字」(体重、体脂肪率など)を直視している人は、「会社の数字(売上、客数、単価、在庫、借入額など)」も、毎日、見ています。数字に対する感度が高いため、「数字が示す会社の異常(アラート)」にもすぐに気がつくことができます。

(引用元:https://news.biglobe.ne.jp/economy/1108/dol_181108_3775374654.html)

体重だけに限らずなんでもそうですが、自己管理ができない人は当然お金の管理もできませんよね。

思い当たるふしの人がいたとしたら、今すぐスポーツジムに通って、体重に健康に自己管理に気をつけましょう。

5.パチンコに行ってしまう

何かの都合につけてパチンコによく行く人は、当然お金は貯まりません。

「今からパチンコに行ってくる」と「今からお金を捨ててくる」はイコールです。

パチンコは間違いなくギャンブルですが、パチンコをギャンブルとは思わずに、ゲーム感覚で通ってしまう人も多くいます。

 

「勝ったときの余韻が忘れられない!!」という人は、もしかしたらギャンブル依存になっている可能性もあります。

そうなったらパチンコ店の思うつぼです。

というか、そんな手遅れ状態になる前に、パチンコから早々に手を引く必要があります。

 

これはパチンコに限ったことではなく、競馬でも同様です。

毎週パチンコや競馬場通いが辞められないという人も、使うお金を限定してしっかり管理するように心がけましょう。

ブログ村には役立つ情報がたくさんあります。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

まとめ

今回の記事内容をまとめると、お金を貯めることができない人の特徴としては、

  • 1.リボ払いにしている
  • 2.家に帰るとテレビばかりを見ている
  • 3.ファーストフードやコンビニ弁当ばかり食べている
  • 4.体重がいつの間にか増えている
  • 5.パチンコに行ってしまう

以上になります。

上の項目に当てはまる人は、お金が貯まらない原因となっていますので注意しましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

>>トップページに戻る

関連記事

お金が貯まらない人 貯金できない人の5つの特徴とは!?

お金が貯まらない人は、生活の固定費を見直すことで節約しよう


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です