「ロボット婚活パーティー」が面白い サイバーエージェント(4751)が協力


2019年2月9日に日本では初の試みとして、男女の会話をAIが代行する「ロボット婚活パーティー」が主催されました。

協力企業であるサイバーエージェントが公開したレポートによれば、なんと4組ものカップルが誕生したとのことです。

今の時代はもはや婚活もAIになってしまったのかと私自身驚きを隠せませんが、よくよく考えてみると理にかなった面白い試みだなと感じました。

今回は「ロボット婚活パーティー」の中身に付け加えて私なりの感想と、今回の協力企業である(株)サイバーエージェントについて調べてみました。

ロボット婚活パーティーって何?

イベントの主催は一般社団法人CiP協議会で、サイバーエージェントやシャープなどが協力企業として参加。16組の男女が一般公募で集まり、2部制で8組ずつ対面しました。第1部は男女がロボットだけでコミュニケーションを行い、第2部ではロボットが会話したのちに、本人が直接5分間フリートークを行う形式がとられました。

いずれにせよ、参加者のアンケート回答を学習したAIが、基礎のコンタクトを本人に代わって行うことになります。「趣味や嗜好などを、勝手にロボットが相手に伝える」と捉えると怖いものがありますが、自己アピールが苦手な人にはありがたいかもしれません。

(出展元:ガールズちゃんねる)

男女2人きりでいざ会話をするという時に、自分達が会話するのではなく、ロボット(AI)が自己紹介を代弁して話してくれるというものです。

「ワ・タ・シ・ハ・・・」みたいな感じなのでしょうか…。なんか聞いているだけで楽しめそうですよね。

 

では実際に参加した人の感想はというと、

「自分が話す必要がないので聞くことに集中できる」

「興味あることを勝手に話してくれるのがよかった」

などプラスの意見が多く、中には、

「婚活相手がブサメンだと話を聞く気にもならないが、ロボットが会話してくれると、ブサメンの顔を見なくて済むのでしっかり話を聞ける」

なんていう失礼極まりない意見もありました。

 

開催の様子を写した動画を見てみたのですが、実際は「ワ・タ・シ・ハ・・・」みたいなロボットロボットした感じは全くなく、かなりフレンドリーな感じでまるで生身の人間が会話をしているかのようにスムースでした。

しかもロボットは、適度なタイミングであいづちを打つこともできて、人間よりも人間らしい感じです。

 

私もかつては婚活に励んでいた時期があったのですが、毎回毎回同じような自己紹介をしなければならず、婚活に行くたびに仕事以上に疲れ果てて帰ってきた記憶があります。

そんな時にこのロボットがあれば、ロボットが代わりに自己紹介をしてくれるので、もっと楽に婚活ができたかもしれないなんて思ってしまいました。

 

ふと思ったのですが、謝る機能を入れておけば奥さんと喧嘩した時に超絶便利かもしれません。。。


サイバーエージェントってどんな企業?

上の株価チャートは、サイバーエージェント(4751)の過去5年チャートです。

PERは113.13倍となっており、一般的に20倍以上は割高なのでこの数値だけ見ればかなりの割高です。

しかし成長株はPERが大きくなることが往々にしてありますので、投資家の期待値が含まれているのでしょう。

 

そんなサイバーエージェントですが、2018年5月頃には株価が7000円近くまで上昇しましたが、その後は決算の結果が予想を下回ったなどしたために株価は下落しています。

2019年1月の決算においても、17年ぶりとなる通期業績予想の下方修正も行ったせいで、株価は一時3000円近くまで下げました。

その原因としては、任天堂と共同開発した「ドラガリアロスト」はスタートこそ好調だったものの、課金者が思ったほど増えずに収益が伸びなかったことです。

またAbemaTVへの投資額が大きく増えていることも、株価が下がっている原因として考えられます。

 

そもそもサイバーエージェントとはどういった会社なのかというと、主にインターネット広告事業を手掛けており、その他には先ほど述べた任天堂と共同開発した「ドラガリアロスト」を始めとしたさまざまなヒットタイトルを世に出し、ゲーム業界においてもシェアを拡大しています。

またAbemaTVに、投資をし続けていることも知られています。

サイバーエージェントは、失敗を恐れずAbemaTVへの投資を続け、多角的に新しい事業を展開し、社員は5000人を超える規模となりグループ組織は今もなお拡大中です。

 

サイバーエージェントの藤田社長は、「今後は経営体制の一層の強化と充実を目的に、一定期間において取締役の増員を行うとともに、さらなる経営人材の育成と筋肉質な経営体制の構築を図ってまいります」と語っています。

日本企業は、何か新しいことに投資をすることに関しては、グローバル化が超スピードで進む中リスクが大きいとされ、二の足を踏む企業が多くあります。

そんな中でサイバーエージェントは、失敗を恐れず新しいことにチャレンジをし続け、「筋肉質な経営体制を構築」これはまさに土台をしっかりと固めたうえで多角化経営していくということでしょう。

今回のロボット婚活パーティーも非常に面白い試みであり、サイバーエージェントの社名PRも大いにできたのではないでしょうか。

 

応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

まとめ

個人的にサイバーエージェントは、今後も株価が伸びていく可能性が高いんじゃないかなと思います。

ただしPERはかなり高く投資家の期待値は既に織り込み済みであるので、そこ部分をどう見るかですが…。

投資は自己責任にてお願いします。

>>トップページに戻る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です