ローランド様は推定年収3億円以上の大富豪 富を得るための思考とは


2019年5月4日に、日本テレビ系列で放送された「メレンゲの気持ち」をたまたま視聴していたところ、強烈なキャラを持った人が出演していました。

私が初めて見る、独特なオーラを持ったその人物の名前は「ローランド様(あえて様をつけさせて頂きます)」と言い、その職業は、現役のホストプレイヤーでもありながら経営者としての顔も持っているやり手の人物でした。

その「見るからにホストをやっています」的な風貌は、本来私が大大大嫌いなタイプwwwの人種でした。

しかし彼の話を聞いていると全く嫌味を感じさせず、その流れるようなトーク力に、男の私でもローランドワールドにグイグイと引き込まれていきます。

「一夜で3000万円を売り上げた」、、、業界では有名なお話ですが、彼のお金に関しての考え方や、どうして富を得たのかなど、学ぶべき点についてご紹介します。

ローランド様とは?

ローランド様の推定年収は3億円以上とのことです。

一夜にして3000万円売り上げたのは、業界では有名な話のようです。

ローランド様は、お金の使い方も豪快そのもので、給料日から1週間程度で1000万円を使い切ることもあるようです。

中国での買い物は、たった1日で600~700万円を使い切るなど、もはや一般人には理解不能なお金の使い方をしているみたいですね。

 

この世の中お金が全てではありませんが、物やサービスと交換できるものがお金しかない以上、ほぼ全てと言ってしまっても良いかもしれません。

お金さえあれば、ほぼ全ての悩み事が解決し、自身の欲望は満たされてしまうのが私が生きている世界です。

ローランド様は、現代版の成功者そのものと言えるでしょう。


ブレない生き方

ローランド様は、大学に入学してたったの1週間で中退し、ホストの道に飛び込んだ経歴の持ち主です。

その理由を次のように語っています。

この先の人生が見えすぎちゃって。一般企業に就職して初任給が手取り20万円くらいで65歳に定年退職して…。そういう道しかいけないのかなって思ったときに、ここで勉強する意味があるのかなと。そういう道を免れて自分で人生をクリエイトできる人生って楽しいなって。それで入学して1週間くらいで辞めました。

1週間で辞めるくらいなら最初から入らなければ…とも思いましたが、周りの学生や雰囲気を見て「これは違う」と思ったのでしょう。

ローランド様は、自分の実力をよく理解していたとのだと思います。

ローランド様が仮に一般企業に就職する道を選んだとしても、いずれは独立するなり投資をするなどして大金を掴んでいたことでしょう。

 

ちなみに有名な著書の中に、「私がお金持ちになることは絶対にない」などと自分に言い聞かせることは「絶対にやめるべき」だと記されています。

「お金持ちになることは絶対にない」と心のどこかで思ってしまえば、お金や経済に関して無頓着になってしまい、いざという時に行動できずにみすみすチャンスを逃してしまうことになるでしょう。

 

ローランド様は「自分で大金を掴むんだ」という強い信念を持っていたからこそ、ブレない生き方ができたのでしょうね。

有言実行

自分で「こうする」と決めたことを実行に移すことを「行動の精神」と言いますが、最終的に富を得る人は必ず「行動の精神」を持っています。

宝くじが当たればラッキーなどと、普段から何もしないで生活している「非行動の精神」の人は、永遠にお金持ちになることができません。

 

例えば「高級車がほしい」「高級腕時計」がほしい、と思った時に、今の自分の収入では買えなかったとします。

お金持ちの思考は、「お金がないから買えない」で思考停止するのではなく、買えるようになるためにはどうすればいいのか、どのように行動すれば買うことができるのか、を第一に考えます。

 

自信しか持ち合わせていないローランド様に対して記者が、「その自信はどこからくるのですか?」と問いかけたところ、ローランド様は「オレだから」と答えていますwww

ローランド様は、売れ始めてからこのようなキャラ設定になったわけではなく、売れる前から全くブレておらず、「ブレない生き方」そして「有言実行」を今の今まで貫いています。

お金持ちと貧乏の尺度を知っている

庶民はなるべく安い物を購入しようと考えますが、ローランド様のお金に対する価値感は、庶民のそれとはまるで違う考えを持っています。

ローランド様は、お金持ちと貧乏人の差について、貧乏人は値段が安い物しか選びませんが、本当のお金持ちは、値段が高いから買うのではなく「心が動いたから買う」ということができると言っています。

お金持ちと貧乏人では、お金に対する尺度がまるで違ってくるわけです。

私たち一般庶民は、物の値段が高いか安いかだけで判断しがちです。

しかしローランド様は、お金に対する尺度や価値観について、既に成功する前からお金持ちの視点を持っていたのでしょう。

まとめ

ローランド様に限らず、成功者から学ぶことは多くあります。

日本が資本主義国家である以上、お金持ちと貧乏人の格差はどうしても広がってしまいます。

私たちが生きていく過程で、いかにしてお金持ち側へ行けるのか、ということを常に考えておく必要がありますね。

>>トップページに戻る

 

関連記事です。

お金持ちの人に共通する意外な8つの共通点とは!?

金融リテラシーの低い人が身内にいると苦労する件www

お金が貯まらない人に共通する意外なダメ行動5選

 

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

米国株ランキング


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です