消費税に変わる良い税制度はないの? 面白税を考えてみた


2019年の10月から消費税が10%に上がります。

消費税の増税と共に、「酒類及び外食を除く飲食」及び「定期購読契約が締結された週2回以上発行される新聞」を対象に「軽減税率制度」が導入されます。

 

私個人的な意見としては、消費税の増税は、いずれかのタイミングで導入せざるを得ないと思っています。

しかし、米中貿易戦争で世界経済が混沌とする中、今消費税を上げてしまえば景気が悪化することは間違いないため、日本の先行きが心配です。

ということで今回は、私が、消費税に変わる(面白そうな)税は何かないのか考えてみました(お遊び的な感覚で書いています)。

消費税に変わる面白税を考えてみた

消費税と共に導入される「軽減税率制度」ですが、この制度が非常にややこしいんです。

 

例えば、スーパーなどで飲食類を購入するときは「軽減税率制度」が適用されますが、外食に関しては「軽減税率制度」の対象外となります。

しかし、スーパーなどで購入した弁当を家に持ち帰らず、店内で飲食した場合は「外食」とみなされて消費税10%がかかってくるという、、、なんともよく分からない制度となっています。

吉野家などの格安チェーン店を使えば、家でご飯を作るよりも、場合によっては安く済ませることができるため、「持ち帰りはOK」で「外食はNG」というのはいただけません。

 

今回の「軽減税率制度」に関しては、他にもいろいろと理不尽な内容が多い制度であるため、国民からは非難の声も上がっていますね。

まあ、それはさておき、続いては消費税に変わる面白税を考えてみました。

 

1.選挙に行かない人税

選挙に行かない若者が増えていますが、この際、選挙に行かない人には税金を課してみてはどうでしょうか。

選挙に行かないことでそれなりの税金が課せられるとなれば、今まで選挙に行っていない人も恐らく行くようになるはずです。

 

ただし、選挙に今まで行ったことがない人というのは、当然政治のこともあまり知らない人が多いわけで…そういう人が選挙に行って、適当な人に投票されてもどうなのかなと思ってしまいます。

この人はイケメンだから…この人は美人だから…政治の中身ではなく外見で選ばれても、真剣に投票しに来ている人達たちからしてみれば、はた迷惑この上ないw

 

ちなみに朝日新聞によると、投票に行かない人の理由の第一位が「選挙にあまり関心がないから」です。

まずは、若い世代にいかにして政治に興味を持ってもらうのか、「選挙に行かない人税」を導入する前に、まずこの問題の解決が先です。

私が思うに政治が面白くないということは、面白い政治家がいない、日本を変えてくれそうな政治家がいない、これこそが日本の問題点かもしれませんね。

 

2.美男・美女税

美男や美女は、それだけで何かと得をすることが多い世の中です。むしろメリットばかりで、デメリットなんて存在しないといっても過言ではありません。

 

メリットとしてまず真っ先に思いつくのが、、、異性にモテる…でしょう。

「男は顔じゃない」とは言いますが、ブサメンがどれだけ努力をしたところで、9割以上はイケメンに惨敗してしまうのが関の山です、、、結局、顔は最大のモテ要素なんですw

モテることに関していえば、女性は男性よりも更に大きなメリットがあります。

男性は女性よりも、異性を外見で選ぶ傾向にあるため、なおさら美女はお得であると言えます。

 

さて、そんな美男、美女には20歳から税金をかけてしまおうという私の案はいかがでしょうか。

20歳になった時点で顔認証をして、美男、美女と認定されれば税金を課します。

課された方も、お金は支払う必要がありますが、美男・美女として認定されている優越感を味わうことができるので、悪い気はしないでしょうw

 

3.貯金税

日本の家計における金融資産額は、年々増加傾向にあります。

資産運用している人や高所得者である人たちは、資産を増やし続けていますが、貯金0世帯というのも一定の割合で存在しており、金融格差は年々広がっていると言えます。

2017年に行った総務省の統計によると、60歳以上が世帯主であるシニア層の17.6%が、4000万円以上の金融資産があるとのデータがあります。

 

お金持ちのシニアの方が多い日本ですが、そもそも日本人は、貯めこんだお金を投資に回すこともなければ、消費に回すこともしないため、貯金はいわゆる「死に金」になっています。

そんな「死に金」には、税金を課してしまえ!という案です。

 

貯金に税金を課せられれば「貯金をするだけ損」、という考えに至り、そうなれば消費に回すか投資に回すかするため、死んだお金が生き返ることになります。

貯金に税金を課すことで、日本経済は活性化し、バラ色の未来が待っている…かもしれません。

海外の面白税

世界には、ちょっと変わった面白い税がありますので少しご紹介します。

 

ハンガリーには「ポテトチップス税」なる税が存在します。

「ポテトチップス税」は、ポテトチップスだけに税金がかかるわけではなく、塩分が高いスナック菓子や、糖分高めのジュースやケーキにまでかかるようです。

要するにハンガリーでは肥満が増えすぎて、肥満であるためにさまざまな病気を誘発することから、このような税金がとられるようになりました。

 

またイギリスでは「渋滞税」なる税が存在します。

「渋滞税」はイギリスのロンドンで課せられた税で、平日午前7時から午後6時半の間に、ロンドンの特定エリア内に車で入ると課金されるというものです。

「渋滞税」を導入した結果、特定のエリア内では、30%渋滞が緩和されたようです。

まとめ

いろいろ考えてみましたが、自分で考えておきながらなんですが、どれもこれも愚策中の愚策のような気がしますw

 

一番良いのは、ぜいたく品に税を課す、いわゆる「ぜいたく税」を課すことです。

例えば、高級バック、高級財布、高級時計、高級服、お酒、テレビゲーム、アクセサリー、高級車などなど…生活に必要のないような、ぜいたく品に高い税金を課すことが、多くの国民にとって一番良い税だと思いますけどね。

まあ利権などがあって、実現は難しいかもしれませんが…。

 

応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

米国株ランキング

 

関連記事です。

消費税が10%に上がる前に購入しておくとお得なものとは!?

2019.04.04

 

私が20代のうちに1000万円貯金できた5つの理由

2019.06.07

 

「老後は年金だけで暮らせるとは言ってない」発言に大激怒の情弱者

2019.06.17


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です