学生の節約術 お金を貯めるための4つのテクニックとは?


お金のことを何も考えずに過ごしていると、貯金が全然できずに、急に出費が必要になったときに困ってしまった……

そんな経験はありませんか?

普段からお金に無頓着でなんとなく過ごしていると貯金は出来ないですし、貯金がないと急な出費はもちろん、老後のお金や結婚資金も不安になります。

そうなってしまうと困ってしまいますし、そのような将来への不安をなくすためには計画的に節約してお金を貯める必要があります。

そこで今回は、今すぐにできる節約のテクニックについてご紹介していきます。

 

老後については、

ほとんどの日本人が老後に不安を抱えている そのためには投資をしよう

こちらの記事を参考にしてみてください。

お金が貯まらない理由は?

仕事やアルバイトをしていて毎月決まった収入があったとしても、それに応じて必ずどこかで支出が発生します。

また普段の生活費以外でも、病気になってしまったり、友人の結婚祝いなどでお金が必要になってしまったりなど、急にお金がかかる場面が多くあると思います。

その中でも上手く貯金ができている人は計画的にお金をためていきますし、それができていない人は貯金が0なんていう人もいます。

貯金ができる人とできない人との差はどこにあるのでしょうか。

 

お金をためることが苦手な人の特徴をまとめてみました。

お金を貯めることが苦手な人

・流行りの物をついつい買ってしまう
・コンビニに立ち寄るくせがある
・飲み会で多く支払ってしまう
・貯金を毎月いくらするか全く決めていない

今流行りの物にすぐに飛びついて衝動買いしてしまい、毎月余計なお金が発生してしまっている(飽き性の人に多い傾向にあります)。

家に帰る途中に、コンビニによることが日課になっていて、お菓子やジュースを買ってしまったり、飲み会では人より多くのお金を払ってしまうなどの傾向が見られます。

これはあきらかな浪費ぐせです。

 

これで貯金がしっかりできているのであれば問題ありませんが、全くできていないのであれば自らの行動を改める必要があります。

少額だからいいや、と思っていると、その少額だからいいや、の思考がひと月に何回も発生して、トータルすると結構高額な出費になってしまった、なんてことになりかねません。

まずは節約する、と心に決めて、少しずつでも実践していくことでお金が貯まっていくようになります。

節約のテクニックとは?

何も考えずに普通に過ごしていると、いつまでたってもお金を貯めることはできませんし、結婚や老後などの不安に繋がって日々楽しく過ごせません。

特に今まで貯金ができていない人は、今まで通りの過ごし方をしていては絶対にお金は貯まりません。

お金にたいして考え方を改める必要があります。

節約するテクニックをつかんで、普段の生活でそれを習慣化することでお金はどんどん貯まっていきますし、急な出費があったとしても、今までの貯蓄があれば何も問題ありません。

次からは、日常生活における節約のテクニックについてご紹介していきます。


財布に5000円以上入れない

私が学生時代に実践していた、お金を貯めるテクニックの一つ目は、財布に5000円以上入れないということです。

大きな買い物をする時や、彼氏、彼女や友達などと約束がある時などは別ですが、普段の生活において5000円以上の大金は持ち歩かないようにします。

現金があることで、ちょっとした買い物をしてしまいますし、自販機なども簡単に使ってしまいます。

現金を5000円以上持ち歩かないことで、無駄な出費を抑えられるようになりお金を貯めることができるようになります。

コンビニに寄らない

お金を貯めるテクニックの二つ目は、コンビニに寄らないことです。

コンビニによると、飲み物とお菓子だけでも500円前後の出費になり、それが1ヵ月毎日続くと考えると15000円の出費になります。

コンビニという名称がついているくらいなので大変便利なお店であることは間違いありませんが、コンビニに入るだけで相応のお金を消費してしまいます。

飲み物は家から水筒に入れて持っていけばいいですし、お菓子はとくに食べる必要がありません。

そういった行動を心掛けるだけで、月に10000円は節約できます。

家計簿をつける

お金を貯めるテクニックの三つ目は、家計簿をつけることです。

貯金をすることが苦手という人は、たいてい月末にお金を確認した時に、

「あれ?思っていたよりお金が少ないな。何に使ったんだろ?何に使ったのか全く分からない」なんていう経験はありませんか?

家計簿をつけていないとお金の出費の原因を追究することができず、翌月も同じ過ちを繰り返してしまいます。

しっかりとその月に、無駄な出費がなかったのかどうかを確認するためにも、きちんと家計簿をつけることが大切です。

また毎月家計簿をつけることで、何にたいしてお金を使ってしまったのかの原因を追究することができます。

衝動買いをしない

お金を貯めるテクニックの四つ目は、衝動買いをしないということです。

衝動買いは誰でも一度や二度はあると思いますが、節約上手な人は衝動買いをしません。

どこかに買い物に行った時に、目的の物以外にも気になる物が目についてしまい、衝動買いしまったものの結局その後全然使用していない、よく考えたら全くいらない物だった、なんていう経験はありませんか?

衝動買いにメリットは一つもなく、お金と時間の無駄です。

衝動買いをしたくなったときは、ひとまずその時は買わないで、一度家に帰って冷静になってからもう一度考えてみましょう。

もう一度よく考えて、本当に欲しかった物の時だけ買うようにすることで、無駄な出費を抑えることができます。

まとめ

今回は節約のテクニックについて解説してきました。

貯金はしっかりと計画を立てて行うことが大切ですし、お金のことを何も考えずに過ごしていては貯金もできません。

急な出費があったとして大丈夫のように、節約はしっかりと行うようにしてください。

節約により生み出したお金で、つみたてNISA(ニーサ)で投資をしてみてはいかがでしょうか。

学生のうちから投資をすることで、将来には莫大な利益を生むことが可能になりますよ。

 

つみたてNISA(ニーサ)を始めるならSBI証券がおすすめです。

SBI証券[旧イー・トレード証券]

投資については、

つみたてNISAでおすすめの商品はどれ? 初心者はS&P500ETF

こちらも参考にしてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

>>トップページに戻る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です