消費税が10%に上がる前に購入しておくとお得なものとは!?


2019年の10月には、ついに消費税が8%から10%に上がってしまいます。

何か物を購入したりサービスを利用するたびに、10%もの消費税がかかってくるのは「生活費の負担・・・」と感じている人も多いのではないでしょうか。

日頃から節約を心がけている人にとっては、なおさら大きな出来事のように感じます。

増税は仕方がないことだとは分かっているんですけどね…。

今回はそんな毎日の生活費に大きく影響する消費税増税前に、やっておいた方がいいことについてまとめてみました。

消費税増税前でも慌てて購入してはダメ

電化製品や日用品などは、消費税の増税前だからといって慌てて購入する必要はありません。

消費税が10%に増税されると、全国的に消費者の買い控えが起きることが予想されます。

多くの国民が「消費税で10%もとられるなら、買い物を控えよう・・・」という大衆心理が働き、落ち着くまではしばらく「無駄な買い物はしないようにしよう」と考える人が増えるでしょう。

そるなると企業側からすれば、物が売れなければ利益も出ませんので「商品を値下げすることで消費者に購入してもらおう」という流れになります。

そういった「値下げの時期」にタイミングよく購入することがおすすめとなります。

以上のような理由から、消費税増税前にわざわざ慌てて大量に購入する必要はなく、むしろ増税後が狙い目だったりします。

消費税増税前に購入するべきもの




続いては、消費税の増税前に購入しておいた方がお得な物というのもいくつかありますのでご紹介します。

航空券

国内航空券のチケットは増税前に支払いを終えていれば、10月以降に利用する場合でも消費税8%で済みます。

そのため飛行機に乗る予定のある人は、9月末までにチケットを購入しておくとかなりお得になりますよ。

日本国内で消費が完結されるものであれば、消費税の増税が影響してきます。

一方、海外旅行をする際の航空券代金は、免税取引となります。

そのため、国際線の航空券代金は免税になりますので、消費税は課税されません。

旅館

旅館やホテルなどの宿泊料金も10月以降は、新税率である10%の消費税が適用されます。

国内の宿泊料金は、増税前に支払いを終えてしまう場合と、増税後に支払いを終える場合では料金が異なってきます。

10月以降に旅館等に宿泊する予定のある方は、早めに予約をしておくことをおすすめします。

 

また消費税の増税はもちろん、早く旅館の予約をおさえることで、仮にキャンセルなどになった場合でもキャンセル料が安くなることがあります。

旅行会社などで販売しているパックツアーなどでも経過措置となり、増税前に契約した場合は消費税8%となりお得ですよ。

定期券

定期券も増税前に購入しておくと得になります。

増税前に6ヶ月分購入しておくことで、増税後でも2%分の追加金無しで使用することができます。

定期券は10月の消費税増税の前に、1ヵ月分や3ヵ月分ではなく、できれば6ヶ月分の定期券を買うことをおすすめします。

増税する10月より前に定期券の有効期限が来た場合は、そのタイミングで6ヶ月分の定期を買っておくようにしましょう。

 

ちなみにICカードへのチャージは、現金と同じ扱いとなります。

増税前にチャージしても、乗車時の消費税が課せられることになります。

なお9月末には定期券購入窓口も混雑することが予想されるので、前もって準備しておくと良いと思います。

ガソリン

ガソリンも是非増税前に入れておきたいところです。

そもそも、ガソリンの販売価格には税金が含まれています。

ガソリンに消費税を払っているということは、税金に更に税金を支払っていることになります。

ガソリンは、「二重課税」(ボッタクリ)ではないかという声も多いですよね。

 

ガソリン税は、メーカーなどが納税義務者であるから販売価格の一部ということになっているので、理屈としては分からなくもないですけどね…。

しかし消費者からすればそんなことは知ったことではなく、税金の上に更に税金が重なって「二重課税」言われても仕方ないかと思います。

そんなボッタクリ税のガソリン代も、消費税増税前に入れておくとお得ですよ。

新型アイフォン(iphone)

消費税が10%に引き上げられれば、当然アイフォン(iphone)の値段も高くなってしまいます。

現在2019年の秋に発表が濃厚なモデルに「iPhone 11(Xs後継機)」があります。

アイフォンを購入する際には、一括購入をしないと2年契約などのプランによって縛りがありますが、増税前に契約すると増税前の8%の料金で済みます。

これは「経過措置」と言われるシステムで、増税前に既に機種を契約済みであれば、分割払いの金額についても影響がないということになります。

ただし、プランなど毎月発生する利用料に関しては、その月の消費税がかかることになるので注意が必要です。

 

新しいアイフォン(iphone)は、毎年9月に発売される傾向が多くみられます。

今までの発売日の流れを見ると、そのほとんどが9月中に発売されているんです。

ではなぜ毎年9月に発売しているのか?ということに関しては、アメリカで学校やビジネスが始まる年度初めが9月であることが関連しているようです。

9月という月は、アメリカでアイフォン(iphone)を売り込むベストタイミングと言えるでしょう。

以上のような理由から、アイフォン(iphone)の購入を考えている方であれば、消費税増税が開始される前に購入することでお得になりますよ。

まとめ

以上の内容をまとめると、

電化製品や日用品は増税前だからといって慌てて購入する必要はない、ということです。

増税前にまとめ買いしてしまう気持ちは分かりますが、増税後は消費が落ち込みメーカーが値下げしてくる可能性は高いです。

増税するからと言って慌てず落ち着いて、買い時のタイミングを待ちましょう。

 

それでは、消費税増税前に購入しておくとお得な物は?

  • 1.航空券
  • 2.旅館
  • 3.定期券
  • 4.ガソリン
  • 5.新型アイフォン(iphone)

上のあげたものは代表的なものであり、ほんの一例です。

この他にもまだまだあるとは思いますが、なるべく節約生活を心掛けたいものです。

関連記事です。

お金が貯まらない人に共通する意外なダメ行動5選

2019.03.02

 

お金持ちの人に共通する意外な8つの共通点とは!?

2019.01.30

 

お金が貯まらない人 貯金できない人の5つの特徴とは!?

2019.01.20

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

米国株ランキング

>>トップページに戻る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です