大学生が つみたてNISA(ニーサ)で投資を始める5つの利点


最近では、資産運用を行っているのは社会人だけでなく、大学生でも投資をしている人が増えてきました。

これも時代の流れというものでしょう。

しかし投資に回す資金力に関しては、社会人に比べると大学生が劣ってしまうのは当たり前です。

そんな資金の少ない大学生にもオススメの投資方法が、「つみたてNISA(ニーサ)」口座で、毎月コツコツ積立投資することです。

今回は、大学生が「つみたてNISA(ニーサ)」で積立投資をする5つの利点についてご紹介します。

1.少額から投資ができる

つみたてNISA(ニーサ)口座を使用することで、効率的に投資をすることができます。

毎月100円から投資することが可能で、お小遣いレベルで投資ができてしまいます。社会人に比べて資金の少ない大学生でもできますし、100円~であれば、小学生のお小遣いでもできちゃいますよね。

さすがに毎月100円の投資では、「資産を増やす」ということに関してはあまり意味はありません。

しかし、実際に自分で投資をすることで、投資はどういうものかを自ら体験することができます。

 

また、つみたてNISA(ニーサ)は、得た利益が全て非課税になるというお得な制度です。

通常、一般口座・特定口座で投資をする場合、得た利益におよそ20%の税がかかってきますが、つみたてNISA(ニーサ)口座では、利益が完全に非課税です。

様々なメリットがあるので、小額から投資を始めることができる大学生にも、文句なくオススメの投資方法です。

2.投資の勉強ができる

つみたてNISA(ニーサ)で投資をすることで、多額の資金を失うリスクを避けながら、投資の勉強をすることが可能です。

投資を始めるにあたって、「生活費を使い込んでしまわないか心配・・・」、「注ぎ込む資産があまりない・・・」そんなイメージを持っている人も多いと思います。

しかし、つみたてNISA(ニ-サ)であれば、100円~少額の投資資金で始めることができますので、万一変な投資商品で始めてしまったとしてもやり直しがききます。

最長で20年間積み立てできますので、投資を自ら行い資産を運用することで、お金や投資について勉強できたり、投資スタイルが徐々に身に付いてきます。

 

投資や資産運用に関して更に興味が湧いてくるようであれば、いろいろな本を読んで勉強してもいいですし、いろいろなブログを読み漁って知識を蓄えていってもいいでしょう。

少額から積立投資ができる「つみたてNISA(ニーサ)」は、リスクを抑えながら投資の勉強ができる最良の投資法ではないかと思います。


3.積立投資は放置でいい

積立投資は、毎日株価を見る必要もないですし(始めのうちは株価の上下が気になるとは思いますが、毎日見る必要はありません)基本は放置プレーです。

そのため、日々の勉強や遊びに忙しい大学生にもオススメの投資法です。

「とりあえず投資をしたいけど自信がない・・・」とか、「忙しくて投資の時間がとれない・・・」「毎日飲み会で忙しい・・・」といった人にもオススメです。

積立投資は、何もする必要がなく放置していればいいので、バイトなどで忙しくても「時間を全くとられない」という大きなメリットがあります。

 

私は勉強よりも遊びに忙しかった大学生時代ですが、今思えば、大学生の頃から投資の勉強をしておけばよかったと後悔をしています。

大学生はバイトなどでも忙しいとは思いますが、社会人に比べれば時間はあると思います。

そんな時間を使って、投資の勉強や実際に投資をやってみることで、後々必ず役に立ってきますよ。

有意義な大学生活を送ってくださいね。

4.就職活動に活きる

つみたてNISA(ニーサ)を活用して投資を行うことで、就職活動にも活きます。

実際に自分で投資を行うことで、経済についても自然と興味がわいてきます。

 

自分で投資をするということは、自分のお金を経済に回しているということです。

そうなれば、日本の経済状況は気になるでしょうし、日本に限らず世界情勢が気になってきますし、将来的に株式投資を始めれば、個々の会社の動向もチェックするようになるでしょう。

 

投資をすることで、経済や社会勉強の良い機会になりますし、就職活動の際には間違いなく活きてくるでしょう。

5.投資の時期は早ければ早いこと良い

投資の時期は、早ければ早いほど有利です。

その理由としては、投資期間が数十年といった長期であればあるほど、複利の効果を得ることができるからです。

複利効果とは、運用で得た利益を再投資をすることで、資産が大きく膨らむ効果です。

つみたてNISA(ニーサ)の積立投資は、決まった金額で自動的に再投資をしていきますので、長期であればあるほど、その複利効果で雪だるま式に増えていきます。

 

では簡単にシミュレーションしてみます。

毎月3万円ずつ、つみたてNISA(ニーサ)の最大期間である20年間、年利7%で投資をしたとします。

20年間で積み立てた合計金額は720万円ですが、積立投資の福利効果により資産総額は1540万円になり、820万円の利益を得ることができます。

 

貯金しているだけでは全く増えていかない日本の銀行ですが、積立投資を継続することで、貯金をする倍以上の資産を築くことができてしまいます。

もちろん投資額も多ければ多いほど効果がありますし、投資年数も長ければ長いほど更なる効果を発揮します。

大学生なら20年どころか、40年、50年と投資ができますので、将来的に1億円の資産を築くことも夢ではありません。

 

つみたてNISA(ニーサ)を始めるならSBI証券がおすすめです。
SBI証券[旧イー・トレード証券]

まとめ

大学生からつみたてNISA(ニーサ)口座で、積立投資をする利点についてご紹介しました。

今回の記事内用をまとめると、

  • 1.少額から投資ができる
  • 2.投資の勉強ができる
  • 3.積立投資は放置でいい
  • 4.就職活動に活きる
  • 5.投資の時期は早ければ早いこと良い

 

当サイトは米国をメインとしたインデックス投資をオススメしています。

関連記事です。

初心者がインデックス投資を実践するための分かりやすい道しるべ

eMAXIS Slimが配当込み指数に変更 最強の投資信託になり得るか

「投資信託」を初心者に分かりやすく解説「地味な投資」こそが資産を増やす近道

米国ETFとは?魅力や注意点など分かりやすく解説します

それぞれの記事を参考にしてみてください。

 

>>トップページに戻る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です