投資初心者が「iDeCo(イデコ)」をやると デメリットの方が大きい理由


iDeCo(イデコ)という個人型確定拠出年金制度をご存知でしょうか。

iDeCo(イデコ)とは個人で積み立てることができる国が制定した「年金システム」のことで、自分で選んだ投資商品で老後に向けて運用していくものになります。

その最大のメリットとしては、毎月の積み立てたお金が全額所得控除となり、利益も非課税になることです。

株や投資信託などの投資をする場合は、必ず税金がかかってくるのでそのメリットは確かに大きいです。

しかし私個人的な考えとしては、投資初心者に限っては「iDeCo(イデコ)」よりも「つみたてNISA(ニーサ)」の方をおすすめします。

今回はiDeCo(イデコ)のメリットについて、そしてなぜ投資初心者にとってiDeCo(イデコ)をやるとデメリットが大きいのか、ということについて紹介していきます。

iDeCo(イデコ)とは?

個人型確定拠出年金制度であるiDeCo(イデコ)とは、簡単に言うと年金を自分で積み立てて作りましょう、ということです。

今後日本は少子高齢化の時代に突入していきますので(しているので)、もらえる年金が少なくなったり、場合によってはもらえなくなる可能性すらあります。

そんな日本の未来を想定して、積み立て投資をして「個々で年金を作っていく」というシステムです。

 

iDeCo(イデコ)最大のメリットは、iDeCo(イデコ)で積み立てたお金は全額所得控除され、所得税と住民税が安くなります。

また投資によって得た利益にはおよそ20%の税金がかかりますが、iDeCo(イデコ)で得た利益は全て非課税になります。

iDeCo(イデコ)のメリットとデメリットは?

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)について、私個人的な考えとしては、投資初心者の方に限ってはやらない方がいいんじゃないかと思います。

初心者の方は「iDeCo(イデコ)」よりも「つみたてNISA(ニーサ)」での資産形成を推奨します。

 

つみたてNISA(ニーサ)については、

【投資初心者へ】つみたてNISA(ニーサ)をどこよりも分かりやすく解説します

こちらの記事を参考にしてみてください。

 

その理由については後述します。

しかしiDeCo(イデコ)をやることで、「メリットだ!」と感じる人がいるのも事実です。

続いては、iDeCo(イデコ)をやることによって起こる「メリット」と「デメリット」について解説します。


iDeCo(イデコ)をやるメリット

まずiDeCo(イデコ)のメリットについてですが、先にも話したように積み立てたお金の全額が所得控除されるので、所得税や住民税の負担が減ります。

つまり年収の高い人ほどそれに比例して、iDeCo(イデコ)で資産形成するメリットは大きくなります。

私個人的な意見として、年収が600万円以上あれば、iDeCo(イデコ)で資産形成するのも悪くはないかなと思います。

例えば年収600万円の人が、毎月1万5000円積み立てているとすれば、年間でおよそ36000円の節税効果になります。

iDeCo(イデコ)の場合は、年収と掛け金が多ければ多いほど節税効果が期待できます。

 

もう一つはメリットといえるかどうかは分かりませんが、「元本保証型」「元本変動型」の2種類から選択することができます。

現在iDeCo(イデコ)をやっている5割の人が、「元本保証型」を選択しているようです。

「元本変動型」は、資金が少なくなるリスクがあるから投資のことはよく分からないけどとりあえず「元本保証型」にしよう、という考えから加入するケースが多いと思います。

これは、リスクを極端に恐れる日本人特有の考え方なのかもしれません。

 

しかし「元本保証型」の利率は、銀行の預金とそれほど変わらないので、「元本保証型」でiDeCo(イデコ)をやるメリットは「0」です。

iDeCo(イデコ)は「元本変動型」で行うべきですが、「一応選択できる」ということでメリットの方に記載しました。

iDeCo(イデコ)をやるデメリット

続いてiDeCo(イデコ)のデメリットについて解説します。

1.手数料が発生する

まず一つ目としては先にも述べましたが、iDeCoの口座を開設する手数料として毎年2000~5000円の手数料がかかってきます。

口座開設手数料が、最初の1年だけではなく毎年かかってくるんですね。

利益が非課税になりますので、積み立てていく金額や投資先によっては当然プラスになっていきますが、毎年2000~5000円の手数料がかかるのはいただけません。

 

2.60歳になるまでお金をおろせない

そして二つ目が最大のデメリットになりますが、積み立てたお金は原則として60歳になるまでおろすことができません。

例えば貯蓄型保険に関して言えば、貯蓄型保険の場合は満期まで支払い続ければ元本に数%の利子がついて返ってきます。

そもそもお金自体が、時が経てば価値は下がっていくものなので、保険料を数十年支払い続けて戻ってくるお金が「元本+数%」では全く割に合いません。

しかし、なぜか貯蓄型保険に加入する人が後を絶たないのが現状です。

少し話がズレましたが、貯蓄型保険は途中解約すると大きく元本割れしますが、一応途中解約できるだけマシです。

しかしiDeCo(イデコ)に関しては、原則として途中で解約してお金をおろすことができないんです。

 

例えば自分自身が20代だとすれば、長い人生ですので60歳になるまで何があるかは分かりませんよね。

もしかしたら35歳くらいで、まとまったお金が必要になるかもしれません。

40歳で転職して給料が激減してしまうかもしれません。

そんな時に自分で積み立てているお金であるにも関わらず、お金を降ろすことができないというのは、なんのために資産形成しているのか分かりません。

 

3.途中で投資スタイルの変更が困難

投資スタイルが定まっていない投資初心者が、iDeCo(イデコ)で運用する場合は注意が必要です。

どういうことかと言いますと、投資スタイルというものは本来自ら投資をやり続けていくうえで定まってくるものだからです。

 

最初はいろいろな本やインターネットサイト等を参考にして「これの方法が最適だ」と思って始めると思いますが、自分で投資をしていくうちに「これは違う」「これはこうした方がいい」といった感じで、段々と自分なりの投資スタイルが身についていくものです。

投資初心者がiDeCo(イデコ)を始めて、数年経った時に「やっぱりiDeCo(イデコ)に預けておいたお金を全額おろしてNISA(ニーサ)で運営しよう」と考えが変わった場合に、途中で解約してお金をおろせないのはいただけません。

 

自身が経験不足のままiDeCo(イデコ)を始めて、評価損のまま数年じっとしているというのも堪えがたいものがありますし、途中解約したくてもできないのは、投資が嫌いになってしまうんじゃないかなと思います。

投資経験のない初心者の方が、「iDeCo(イデコ)」をやるくらいなら「つみたてNISA(ニーサ)」でいいんじゃないかなと思います。

まとめ

投資初心者の方がやる場合は「つみたてNISA(ニーサ)」を推奨します。

もちろん投資経験があり、投資を理解している方であれば将来に備えて「iDeCo(イデコ)」で積み立て投資していけばいいと思います。

私自身にも言えることですが、自分に合ったスタイルで投資をしていきたいものです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

>>トップページに戻る

関連記事

つみたてNISA(ニーサ)インデックスファンドとアクティブファンドどっちを選ぶ?

投資は40代からでも遅くない!! つみたてNISA(ニーサ)のすすめ

「投資は怖い」という人は つみたてNISA(ニーサ)で積み立て投資がおすすめ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です