インデックス投資とは? 概要やメリット おすすめの投資先など詳しく紹介


「インデックス投資」が今、投資家達の注目を集めています。

私が「投資」ではなく「投機」をやっていた時には、「インデックス投資」の魅力に気づくことができませんでした。

幾度かの失敗を踏まえて最終的に、「インデックス投資」の魅力に気づき今に至ります。

世界で最も有名な投資家の1人であるウォーレン・バフェット氏も、

「低コストのインデックスファンドは、投資家の大多数にとって最も聡明な投資だ」と言っています。

今回は魅力あふれる「インデックス投資」について、「投資初心者の方」「現状投資をしている方」向けに、その概要、魅力と、メリット・デメリット、おすすめの投資先について丁寧に解説していきます。

 

 

1. インデックス投資とは何か?

インデックス投資とは、各種指数に連動する値動きを目指す投資方法の総称であり、各種指数のことをインデックス(inIndex)と呼ぶことからこのように呼ばれます。

株価の他、債券、不動産、商品などの市場動向を示すインデックスもあります。

指数といえば、当サイトでも推奨しているS&P500」、「ダウ平均」、「日経平均」、「TOPIX」などが代表格であり、株式市場全体の動きを表す特徴を持ちます。

具体的な投資先には、「投資信託」や「ETF(上場投資信託)」があります。

 

ETFは、機関投資家や個人投資家に利用されるインデックス商品として、急速に成長してきましたが、ETF(Exchange- Traded Funds 上場投資信託)について簡単に解説します。

ETFは機関投資家などの先進的な投資家にとって、多くの利点があります。

投資信託では、取引日の終値でしか購入・解約ができませんが、ETFは株式と同じ扱いであるため、日中を通して売買が可能なため、投資家は日中の流動性を得ることができます。

またETFは、ほぼ全ての投資信託よりもコストが低く設定されています。

ETFを解約(交換)する際には、最も低いコストでポートフォリオから証券を移し替えることができるという利点があるため、ほとんどキャピタルゲイン課税がかからず、投資信託と比べて税金面でも効率的です。

最後に、すべてのETFは取引所に上場されているため、投資家は特段の取り決めもなく、証券取引口座からそれらのファンドの取引を行うことができます。

 

続いては、インデックス投資の魅力と注意点についてお伝えしていきます。

インデックス投資に対する理解促進、そして実際にインデックス投資商品を選択する際のヒントをお届けします。


2. インデックス投資のメリット

インデックス投資のメリットについて、いくつかご紹介します。

① リスクを抑えることができる

インデックス投資の最大の魅力は、ポートフォリオ分散効果により、リスクを最大限に抑えることができることです。

インデックスは、多種の投資資産を合計、平均した指数であることから、最初から分散投資が効いているからです。

個別企業の株式を投資対象とする場合、投資対象企業が倒産してしまえば株価は「0」になってしまいますが、投資対象企業の株式を組み込んだインデックス全体からみれば、何百分の1、何千分の1と「分母」が大きいため、影響は少なくて済みます。

インデックス投資商品の運営者(ファンドマネージャー)は、ポートフォリオ全体のリスク(複数の資産クラスにまたがり、それぞれの資産クラス内でも多くのマネージャーで構成されている)と、アクティブリスク(指数にしっかりと連動しているかどうか、指数に対して差異がないかどうか)に注意を払いながら運営しています。

指数からの乖離の大きさは、マネージャーが指数を模倣するために投資する銘柄数や、ベッドの大きさに依存しています。

ベッドはいくつかの異なる状態やファクターに対して行われ、意図する場合もあるが、意図しない場合もあります。

 

一方アクティブファンドは、仮に分散された株式ポートフォリオを形成しているとはいっても、例えば「金融株式」や「自動車株式」などのリスクの高いセクターだけに分散されているような場合もあります。

このようなアクティブリスクを完全に取り除くには、インデックスのマネージャーが行うように、指数を模倣する以外にないのです。

 

とはいっても、このポートフォリオ・リスクの議論は何も、インデックス投資とアクティブ運用の優劣を議論しているわけではありません。

ポートフォリオの分散効果により、リスクを抑制できることがインデックス投資の魅力の一つです。

 

② 運営管理手数料が安い

投資商品を購入した投資家は、運用企業やファンドマネージャーに対する報酬を支払わなければいけません。

これが「管理手数料」「運営手数料」に当たりますが、これらの運営管理手数料の安さも、インデックス投資の大きな魅力の一つです。

アクティブ運用であれ、インデックス運用であれ、運用報酬には非常に多様性があります。

例えば、マネージャーのパフォーマンスのトラックレコード、評判、人員やコスト対比での新規投資の許容上限、要求されるサービスへの対応力、マネージャーの投資プロセスやリサーチの先進度など、それぞれの要素の組み合わせに依存しているからに他なりません。

 

アクティブマネージャーの報酬は通常、インデックスマネージャーよりもかなり高いです。

その理由は、インデックスファンドはアクティブファンドほどコストがかからないからです。

 

にもかかわらず、インデックス投資では、指数の連動パフォーマンスを効率よく安定的に達成するために、かなりの資源が必要となります。

インデックスは、決して静的なものではなく、むしろ多くの構成銘柄が時間の経過とともに絶えず変化しているものになります。

ポートフォリオのパフォーマンスにネガティブなインパクトを与えることなく、これらの変化をマネージするには相当なスキルが要求されるのが事実です。

また、ポートフォリオへの資金流出入も考慮しなければならず、とくにキャッシュ・アウト・フローの場合には、ある程度の流動性も確保しなければなりません。

さらに、ほとんどの証券には配当や利息などのキャッシュフローがありますが、それらはポートフォリオのなかにキャッシュとして残すのではなく、効率的にインデックスに「再投資」していく必要があります。

 

これらの難問に挑戦するためには、スキルや経験のある投資のプロフェッショナルが必要となるのです。

しかしながら、規模の経済効果が得られる一定水準に到達すれば、インデックス投資はアクティブ運用に比べてコストはほとんどかかりません。

 

一方アクティブマネージャーは、超過リターンを獲得するために、常に運用に対して機敏に行動していく必要があります。

アクティブマネージャーは、自身の相場観に基づいて一定の投資行動を行うため、ポートフォリオの回転率が高くなり、それに伴って高い売買コストが発生してしまいます。

 

通常インデックスマネージャーは、インデックスが変化したときだけポートフォリオをリバランスすればいいだけです。

これによって、課税ポートフォリオの場合には、値上がり益の実現を避けることができます。

 

③マネージャー選択が比較的容易

投資先を選ぶことが比較的容易であることもインデックス投資の魅力です。

(おすすめインデックス投資先については、最後の方に記載しています)。

 

投資商品を選択するとき、どの企業がファンドマネージャーとなっているかを見て、選択する方法があります。

アクティブファンドを選択する場合は、ファンドマネージャーをよくよく精査する必要があります。

 

しかしインデックス投資においては、運営会社及びファンドマネージャーを選ぶ基準が簡略化できます。

インデックスマネージャーは透明度が高いため、運用プロセスに関して、アクティブマネージャーと同じような精密な調査は必要ではありません。

●相対的なリスク特性

指数を完全に模倣するインデックスマネージャーは、指数に対して個別のリスクととらないので、リスクファクター分析を省略することができます。

●パフォーマンスの源泉

インデックスマネージャーのパフォーマンスは、指数のリターンからほとんど乖離しないため、パフォーマンス評価も容易にできます。

ただし注意するべき点は、指数のリターンから剥離していた場合です。

トラッキングエラー(ファンドの値動きが、対象とする指数の値動きからどのくらい乖離しているかを示す指標のこと)の大半は、次の3つの源泉から発生するものである。

a) ポートフォリオ中のキャッシュ
b) 取引コスト
c) ポートフォリオのごく小さなウエイト差異

例えば指数自体には取引コストがかかりませんが、インデックスファンドには取引コストが発生します。

そのようなコスト面の違いから、指数とファンドに剥離が生じる場合があります。

ファンドと指数があまりに剥離している場合は警戒が必要です。

 

⑤ 優れたパフォーマンス

インデックス投資を好む投資家にとって最も重要なのことが、今後どれだけのパフォーマンスが出せるかだと思います。

世界の人口は上がり続け、物価は緩やかにインフレしていきますので、それに伴い株価が上昇してくことは必然なのです。

しかしインデックス投資がいくら優れているからといっても、投資先を間違えると損をしてしまうこともあります(例えば日本等)

 

当ブログでも推奨している指数に「S&P500」がありますが、「S&P500」とは、アメリカの投資情報会社である「S&P」社が算出しているアメリカの代表的な株価指数のことです。

▼S&P500の10年チャートです。

上のグラフは、S&P500の10年チャートになりますが見事に右肩上がりです。

これからインデックス投資を始めるのであれば、日本の「TOPIX」などに投資をすることはおすすめしません。

S&P500はバフェット氏も強く推奨していますが、今後も安定性と将来性があるインデックスに投資をすることをおすすめします。

3. インデックス投資の注意すべき点

インデックス投資を行う際の注意点について触れます。

インデックスは、市場センチメントの尺度、指数のベンチマーク、インデックスファンドの基本、資産配分における資産クラスの代理変数、といった機能を有します。

インデックスは、これらのすべての目的を同時に達成するのが理想と言われています。

しかし実際には、種々の目的に即してインデックスを選択する際には、インデックスの特性をよくよく考慮して、どのインデックスが自身のニーズに最も適切かを決める必要があります。

もちろん、完全な株式指数はなくどれもがトレードオフの要素をもっていますので、競合する複数の選択肢からいかに選択すべきか?のヒントになればと思います。

 

① 正確で完全なデータ

インデックスが有益であるためには、リターンおよび構成銘柄に関するデータが正確で、即座に利用可能である必要があります。

投資家は少なくとも次のような情報にアクセスできなければいけません。

配当込みリターン
サブインデックス
データの高い品質と効果的なリリース
タイムリーで正確な指数変更リリース
過去のリターン

指数データの即座の利用に関しては、インデックス運用商品の投資家に悪影響であるという意見もあるが、逆も真なりとなります。

投資家の指数構築手法および指数構成銘柄に対する理解が進むほど、指数関連商品に対する快適さも増します。

 

② 投資家による支持

一般的に、有名で広く利用されている指数を投資家は好みます。

それは多くの市場参加者が丹念に観察することで、品質が信頼されるからに他なりません。

さらに、広く利用されることで他指数との比較も効率的になります。

標準的でない指数および指数関連商品のパフォーマンスは、常に標準的な指数と比較されます。

アセットアロケーション研究の調査によれば、投資家に関連情報を提供する際には、確立されたベンチマークに焦点が当たる傾向があるといいます。

最後に、インデックスが広く認知されていないと、指数関連商品を十分サポートするだけの利用が資金面で困難となりうるかもしれません。

 

③ クロス取引の機会、デリバティブ等の取引可能性

広範にインデックスが利用されると、特に合同運用においては、大手の機関投資家のファンド間でクロス取引の機会を提供することでコストの削減が可能となります。

クロス取引によって機関投資家は、市場取引で必要な諸コストなく買いと売りをマッチングさせることができます。

 

いくつかの主要指数の上場指数先物・オプションが利用できることや、ETFが増殖していることは、これらの認知されたインデックスを利用するスポンサーや、ポートフォリオマネージャーにさらなるメリットを提供していることになります。

指数が広く利用されることで、多くの投資家によって行われる売買によって好循環が生まれ、クロス取引の可能性も増えます。

インデックスが広く認知されることで、ファンドマネージャー、セルサイドのブローカー、現物やデリバティブ市場間のやり取りが行われ、指数ポートフォリオのリバランスに際する取引コストが削減できるメリットがあります。

 

④ 低い回転率と取引コスト

どのインデックスでも指数構成銘柄を維持するためには、規定された手法により、ある程度の回転率が発生します。

一般的に回転率が低いほど、コストは低くなりインデックスを追随しやすくなります。

インデックスは回転率が低いことが好まれ、狭くて限定された市場を対象としたマニアックな指数の場合は、回転率と取引コストが高くなる傾向にあります。

さらに、あらかじめ構成銘柄数が決められているインデックス、例えばバフェット氏推奨のS&P500においても、定義により、構成銘柄数を維持するために追加的に回転率が上昇することとなります。

こうしたインデックス投資の不完全性については知っておく必要があります。

利点が多いインデックス投資も、こうした不完全性を内包することを知っておくことは、自身が投資判断を行う際の助けとなることは間違いありません。


4. インデックス運用とアクティブ運用の融合は?

先述の通り、インデックス運用は、しばしばアクティブ運用と比較される運命にあります。

インデックス運用は、アクティブ運用の概念を排除するものととらえられがちであったため、「インデックス対アクティブ」のような論争が展開されてきました。

 

アクティブとインデックスについては、当サイトでも記事にしています。

アクティブファンドは10年で4割が消滅 インデックスが圧倒的有利

つみたてNISA(ニーサ)インデックスファンドとアクティブファンドどっちを選ぶ?

よろしければ参考にしてみてください。

 

インデックス派は、投資は「ゼロサムゲーム」なので、平均的なマーケット参加者はマーケットの平均的なパフォーマンスしか得られず、さらに、取引コスト等を考慮すれば、アクティブ運用は、平均的には指数を下回ることになると主張します。

一方のアクティブ派は、インデックスマネージャーの奮闘を「平均的なものにすぎない」と軽視し、非効率性が存在する限りはアクティブ運用こそ価値がある、と主張します。

しかしながら、これらの見方はすっきりと整理することができます。

例外的なスキルがあり、常にインデックスを上回ることができるようなマネージャーも確かに存在しますが、そのような例外的なパフォーマンスは、全体としてはスキルのないマネージャーがその分下回ることで成り立っています(全体で見ると、アクティブファンドはインデックスファンドに8割負けます)。

優れたスキルを持つマネージャーであれば、インデックス運用とアクティブ運用という、ポートフォリオにおけるこれまで正反対だった役割を整理することができるようになります。

ここ5年ほどの間で、先進的な大手機関投資家がマネージャーストラクチャーを検討する際に、このような考え方が大勢を占めるようになってきました。

すなわちそうした投資家のほとんどは、自らが優れたアクティブマネージャーを選別する、つまり優れたアクティブファンドを選別する能力を持っていると考えられます。

以上のように、インデックスとアクティブの組合せを選ぶ際には、投資家自身が能力のあるマネージャーを選別できる先見の目を持っている必要があります。

そうした目をもっていないのであれば、ポートフォリオはインデックスファンドを100%にして運用していくべきだと考えます。

5. おすすめは米国インデックス投資

インデックス投資について、一般的な理解を深めてきました。

ここからは、当サイトで特におすすめするインデックス投資商品をご紹介します。

最もおすすめしたい商品は、日本でも新興国でもなく、米国のインデックス投資商品です。

その理由は、やはりこれからも世界経済の中心は米国であることは揺るぎなく、米国インデックスに投資をすることこそが「勝ち」への確かな道であると確信しているからです。

ご紹介する投資商品は、投資初心者の方でも「円」で簡単に投資ができる「投資信託」、そして本家本元である米国の「ETF」についてご紹介します。

 

① 楽天・全米株式インデックスファンド(投資信託)

「楽天・全米株式インデックスファンド」は、楽天が運用管理する投資信託で、「バンガード社」の「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF」通称「VTI」に連動する投資商品です。

米国ブロガー界隈では、投資信託の「最適解」とさえ言われている投資商品です。

現在の基準価額は、11247円(1万口当たり)で、その純資産総額は、約370億円(2019年3月時点)です。

規模としてはまだまだ小さいですが、日本から手軽に米国へのインデックス投資が行えることから、今後も資金流入は増加していくことが予想されます。

 

②eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)(投資信託)

「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」は、バフェット氏も推奨するS&P500に連動する投資信託です。

S&P500連動商品は、その他に「iFree S&P500インデックス」もありますが、信託報酬が「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」の方が安く、かつ資金流入の増加率も高いため、こちらの方が良いでしょう。

S&P500は、なんといっても投資の神様と言われるバフェット氏が家族に対して「私が亡くなったら9割をS&P500に投資しなさい」と言ったことはあまりにも有名な話です。

それが日本から投資信託で手軽に投資できるようになったのですから、なんとも便利な世の中になったものです。

 

③バンガード・トータル・ストック・マーケットETF・「VTI」(米国本家ETF)

「VTI」は、投資信託である「楽天・全米株式インデックスファンド」の本家本元のETFです。

構成銘柄は3850銘柄あり、聞いたこともないような中・小型株から、アップルやコカ・コーラ等の超大型株まで、米国株の実に99.5%をカバーしているETFになります。

「VTI」を購入することで、米国全ての株式市場に投資しているといっても過言ではありません。

ただし積み立て投資ができる投資信託とは違い、米国ETFはドルから購入する必要があり、かつ再投資も自分で行わなければいけないため、投資初心者にはやや難易度が高いかもしれません。

 

④バンガード・S&P 500 ETF ・「VOO」(米国本家ETF)

「VOO」は、投資信託である「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」の本家本元のETFです。

S&P500に連動するETFは、バンガード社の「VOO」の他に、ブラックロック社の「IVV」、ステートストリートの「SPY」があります。

信託報酬にそれほど大差はありませんが、「IVV」と「VOO」が共に0.04%となっており一応の最安値となっています。

どれを選らんでも好みのレベルで良いとは思いますが、個人的には、資金流入や将来性を考慮すると「VOO」が最適なんじゃないかなと思います。

 

米国ETFや投資信託については、

米国ETFとは?魅力や注意点などを分かりやすく解説します

「投資信託」を初心者に分かりやすく解説「地味な投資」こそが資産を増やす近道

こちらの記事を参考にしてみてください。

 

応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

6. まとめ

今回はインデックス投資について、投資初心者の方、投資家の方向けに、その概要とメリットやデメリットについてご紹介してきました。

投資手法としての魅力や、投資する時の注意点についてはご理解いただけたかと思います。

不確定性を増す経済動向の中、安定的な資産運用を目指すのであれば「インデックス投資」は最も有力な選択肢になると思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

>>トップページに戻る

関連記事

米国ETFに投資をしたいけど 購入するタイミングが分からないという方へ

初心者が「投資信託」を買う時に 特に注意するべき3つのポイント

20年後もアメリカが世界一の経済大国である5つの理由

【投資初心者へ】つみたてNISA(ニーサ)をどこよりも分かりやすく解説します

「投資は怖い」という人は つみたてNISA(ニーサ)で積み立て投資がおすすめ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です