米国ETFとインデックスファンド 初心者にはどっちがおすすめ?


米国の本家ETFと、投資信託であるインデックスファンドの違いをご存知でしょうか。

私も投資を始めた当初は、米国ETFと投資信託はなんとなく違うということは分かりましたが、それぞれの明確な違いについてはよく分かっていませんでした。

私達個人投資家は、インデックスファンド、本家ETF、どちらにも投資することは可能ですが、初心者におすすめな投資先はどちらなのでしょうか。

今回の記事内容は、

  • 投資信託であるインデックスファンドとETFの明確な違いについて
  • 投資初心者の方は、米国インデックスファンド、本家ETF、おすすめの投資先はどっち?

以上の内容についてご紹介します。

インデックスファンドとETFの違いについて

「インデックスファンド」と「ETF」は、似ているようで性質が異なります。

 

ETFとは、株価指数連動型上場投資信託のことです。

なにやら漢字ばかりで難しいと感じるかもしれませんが、最後に「投資信託」と表記されていることから、結局のところETFも投資信託も一種といえます。

ETFは市場(日経平均やNYダウ平均)に連動した動きをしますが、株と同じように、取引き時間内であるならいつでも売買することができます。

株と同じように売買できることに加えて、ETFは、インデックスファンドと比べると、信託報酬(年間で発生する運営手数料)が劇的に安いという特徴があります。

 

一方インデックスファンドは、ETFと同じく市場(日経平均やNYダウ平均)に連動した動きをします。

しかし市場では取引きされていないため、株やETFのようにいつでも売買することはできません。

なぜならインデックスファンドは、株や債券等の集合体である投資信託であるため、基準価額は1日1回のみ算出されると決まっているからです。

従ってインデックスファンドの売買のタイミングは1日1回のみとなります。

 

またインデックスファンドは、ETFに比べて信託報酬がやや高めに設定されています(アクティブファンドに比べれば圧倒的に安いです)。

その理由として、ETFは個別株と同じような扱いであるのに対して、インデックスファンドの投資信託は運営会社が運営をしているため、手数料がどうしてもETFよりも高くなってしまいます。

 

さてここまでの説明においては、インデックスファンドよりもETFの方が投資先として優秀のように感じると思いますが、私個人的には、ETFよりもインデックスファンドの方をおすすめします。

その理由について説明していきます。


初心者におすすめは米国インデックスファンド

当サイトでは、米国中心に全世界に長期投資することをおすすめしていますので、米国に関するインデックスファンドとETFについて解説していきます。

まず米国でおすすめのETFに、バンガードVTIがあります。

バンガードVTIとは、米国で上場する99.5%である、米国のほぼ全ての株をカバーしているETFになります。

その他には、ウォーレン・バフェット氏が推奨している、S&P500に連動したETFであるVOO等もありますが、ここでは詳しい説明を省くことにします。

 

米国ETFであるバンガードVTIの投資信託が、楽天・全米株式インデックスファンドになります。

楽天・全米株式インデックスファンドは投資信託であるため、証券会社から日本円で、手間なく簡単に自動積立することができます。

楽天・全米株式インデックスファンドはまだ出来て間もない投資信託ですが、日本から間接的に米国ETFであるVTIに投資することができます。

要するに楽天・全米株式インデックスファンドは、「日本版VTI」と言えます。

 

▼それでは、それぞれの年間にかかる手数料について見ていきます。

バンガードVTI 年率 0.04%
楽天・全米株式インデックス ファンド 年率 0.1696%

 

手数料の比較においては、米国ETFであるバンガードVTIに軍配が上がります。

 

バンガードVTIの方が信託報酬が安いので、インデックスファンドよりもETFの方がいいのかというとそういうことではありません。

ETFは個別株と同じ取引き方法をしますので、1回売買するごとに手数料がかかってきます。

しかも米国ETFであるバンガードVTIは、日本円で購入することができませんので、一旦円からドルに交換してから購入することになります。

その時に、売買手数料とは別に為替手数料も発生します。

ETFを購入する時には、インデックスファンドに比べて余計な手数料が発生するんですよね。

米国ETFを購入する場合は確定申告も必要になってきますので、インデックスファンドと比べるといろいろと手間がかかります。

 

私が、バンガードVTIよりも楽天・全米株式インデックスの方を、投資初心者の方におすすめる理由はあと二つあります。

まず一つ目ですが、バンガードVTIなどのETFは、株と同じ扱いになるため積み立て投資ができません。

無理やり積み立て投資はできなくもないですが、毎月少額でコツコツ投資をしていると手数料負けしてしまいます。

バンガードVTIは1株単位からしか購入できませんので、本家VTIに投資をしたいという方であれば、予めある程度の投資資金がある方に限ります。

 

一方楽天・全米株式インデックスであれば、SBI証券、楽天証券共に自動積立のシステムがありますので、少額からでも毎月コツコツ自動的に積み立て投資をすることができます。

投資信託であるインデックスファンドであれば、積み立て投資の王道である「ドル・コスト平均法」が使用できるわけです。

 

そして二つ目の理由は分配金にあります。

ETFは株式と同じ扱いになりますので、分配金(配当金)を受け取ることができます。

例えばバンガードVTIにおいては、3月、6月、9月、12月の1年で、計4回の分配金を受け取れます。

ETFを持っているだけでお金をもらえてラッキーと思いがちですが、長期投資の旨味は一時の利益ではなく複利効果にあります。

複利効果を得るためには、その分配金は円に交換せずにドルのまま再投資することです。

投資初心者にとって、この再投資するという作業が非常にめんどくさいと感じる方も多いのではないかと思います。

しかも投資額がそれなりに多くないと、分配金が少量しかもらえないため、複利効果の意味がほとんどなくなってしまいます。

 

一方投資信託の楽天・全米株式インデックスファンドであれば、分配金を受け取るシステムはなく自動で再投資してくれますので手間もかかりません。

投資信託の中には分配金を出す投資信託も多くありますが、基本的には分配金を出さない投資信託を選んだ方が将来的にお得です。

以上の理由から、投資初心者の方へは、手間の少ない投資信託であるインデックスファンドの方をおすすめしているわけです。

 

インデックス投資、米国ETFについて詳しくは、

インデックス投資とは? 概要やメリット おすすめの投資先など詳しく紹介

初心者がインデックス投資を実践するための分かりやすい道しるべ

米国ETFとは?魅力や注意点などを分かりやすく解説します

こちらの記事を参考にしてみてください。

 

ブログ村には役立つ情報がたくさんあります。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

まとめ

投資初心者の方であれば、米国ETFよりも投資信託である米国インデックスに投資することをおすすめします。

しかし例え初心者であっても「私は投資信託よりも、本場のETFに投資したいんだ!!」という意思がある人であれば、それはそれで米国ETFに投資すればいいと思います。

自分にとって、どちらがしっくりくるかということが大切だと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

>>トップページに戻る

関連記事

「VYM」は株価暴落時に「バイ&ホールド」したい高配当ETF

米国ETF「VTI」を100万円分買い増し完了 「VTI」は最強の投資先

米国ETFに投資をしたいけど 購入するタイミングが分からないという方へ

「投資信託」を初心者に分かりやすく解説「地味な投資」こそが資産を増やす近道


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です