NISA(ニーサ)とつみたてNISA(ニーサ)のデメリット(弱点)は?


当サイトでも推奨している「NISA(ニーサ)」と「つみたてNISA(ニーサ)」という、お得な投資制度があります。

NISA(ニーサ)以外の口座で投資をした場合、利益には必ず約20%の税金がかかりますが、「NISA(ニーサ)」や「つみたてNISA(ニーサ)」口座を使用することで、得られた利益は全て非課税になるなんともお得な制度です。

投資によって得た利益に税金がかからない「NISA(ニーサ)」や「つみたてNISA(ニーサ)」に、デメリット(弱点)は存在するのでしょうか。

今回は「NISA(ニーサ)」と「つみたてNISA(ニーサ)」の、意外なデメリット(弱点)についてご紹介します。

NISA(ニーサ)とつみたてNISA(ニーサ)

NISA(ニーサ)は「NISA(ニーサ)」と「つみたてNISA(ニーサ)」と「ジュニアNISA(ニーサ)」があります(今回は「ジュニアNISA(ニーサ)」についての説明は省きます)。

それでは「NISA(ニーサ)」と、2018年1月から誕生した「つみたてNISA(ニーサ)」の違いについて簡単に解説します。

 

勘違いしている人が多くいますが、「NISA(ニーサ)」とは投資をする商品のことではなく、「NISA(ニーサ)」という口座の中で「投資によって得た利益を非課税にする」という制度です。

 

「NISA(ニーサ)」口座で投資をすれば、年間いくらでも投資ができて50年でも100年でも続けることができるのかというと、そういうわけではありません。

「NISA(ニーサ)」口座の投資上限額と投資期間は決まっていて以下の通りになります。

 

「NISA(ニーサ)」の場合は、1年間で最大120万円を上限として最長で5年間です。

「つみたてNISA(ニーサ)」の場合は、1年間で最大40万円を上限として最長で20年間です。

 

「NISA(ニーサ)」と「つみたてNISA(ニーサ)」の最大の違いについてですが、「NISA(ニーサ)」は「積み立て投資」をすることもできますが、例えば100万円の資金を一気にまとめて投資することもできます。

一方「つみたてNISA(ニーサ)」の場合は、「積み立て投資」のみの投資方法になります。

「NISA(ニーサ)」や「つみたて(ニーサ)」は確かにお得な制度であり、当サイトでも推奨しているものになります。

しかし今回は敢えて、「NISA(ニーサ)」と「つみたてNISA(ニーサ)」の弱点について考えてみたいと思います。


NISA(ニーサ)の弱点

確かに投資先の株価が上昇していれば、お得かもしれませんが、投資である以上株価が下落して元本割れしてしまう可能性もあるわけです。

「NISA(ニーサ)」の場合は最長で5年間、または10年間しか口座に預けることができません。

よって5年または10年時が経てば必ず、「NISA(ニーサ)」口座からお金を引き出す必要があります。

 

「NISA(ニーサ)」口座から引き出す時に、利益が出ていれば非課税となり「お得な制度だった」となるわけです。

しかし株価が下落して元本割れしていた場合は、売却するか、別の証券会社に移すことになります。

 

ここで仮に100万円から80万円に値下がりした状態で通常の証券会社の口座に移すとすると、「NISA(ニーサ)」から移す場合に限り、80万円を証券会社の口座に移したということにはならず、80万円でその商品を購入したということになってしまいます。

そして時が経って80万円が100万円に戻ったから売却しようとすると、得られた利益20万円の約20%が税金として引かれてしまいます。

ややこしいですがその80万円分は、「投資商品を購入した」と処理されるためにこのようなことが起こります。

 

最長5~10年で必ず引き出す必要がある「NISA(ニーサ)」は、利益が出ている場合はお得な制度ですが、元本割れしているような場合は無駄な税金を払うリスクが生じてしまいます。

つみたてNISA(ニーサ)の弱点

当サイトでも推奨している「つみたてNISA(ニーサ)」ですが、デメリットというデメリットは正直なところほとんどありません。

ということで、無理やりデメリットについて捻り出してみます(笑)。

 

「NISA(ニーサ)」の場合は、例えば〇〇の株式を1発勝負で500万円分投資する、といったことが可能です。

しかし「つみたてNISA(ニーサ)」の場合は、名前にも「つみたて」とついているように、その投資方法は、定期的に決まった金額で購入して積み立てる「積み立て投資」一択になります。

ですので、最大で(40万円÷12ヵ月=)33333円までしか投資することができないのです。

「つみたてNISA(ニーサ)」は長期投資向きの投資方法ですので、例えば3年後に資産を倍にしたい、なんていう短期投資型の人には向いていません。

「つみたてNISA(ニーサ)」の非課税期間は20年ありますので、20年かけてじっくりと積み立て投資ができる方に限る投資法になります。

 

そもそもなぜ多くの個人投資家達の資産が全然増えていないのかというと、短期間で儲けようとするからです。

世界の人口は増え続けており、世界経済はじっくりとインフレして株価も成長していますので、じっくりと腰を据えた長期投資をすることで(投資先さえ間違わなければ)誰でも儲かるのです。

国がNISA(ニーサ)を推奨する理由は?

国が資産形成を推奨する理由としては、

「日本は少子高齢化で年金が少なくなるから、これからは自分達で資産形成してくださいね」

そしてもう一つは、

「投資を浸透させることで、株や債券などを購入してもらい日本の景気を支えてもらう」

という狙いがあると思います。

金融機関としても、投資をして資産形成をするという理念が広がれば、それだけ投資商品を購入してもらえますので手数料で儲けることができます。

ただし「つみたてNISA(ニーサ)」の場合は手数料の安い投資商品ばかりなので、購入する人に説明をする手間なども含めて考えると金融機関も儲かるのかどうかはよく分かりませんけどね・・・。

 

余談ですが、当サイトでは日本株への投資ではなく、米国株を中心とした全世界への投資をおすすめしています。

つみたてNISA(ニーサ)の誕生により、米国のインデックス投資である優良な投資信託が続々登場しています。

米国への投資については、

20年後もアメリカが世界一の経済大国である5つの理由

米国ETFに投資をしたいけど 購入するタイミングが分からないという方へ

投資をするならこれからは日本ではなくアメリカである理由

是非参考にしてみてください。

まとめ

今回はNISA(ニーサ)とつみたてNISA(ニーサ)のデメリットについて記載してみました。

どちらのNISA(ニーサ)も、利益が非課税になることはかなり大きく、お得な制度であることは間違いありません。

当サイトでは、NISA(ニーサ)よりも積み立て投資が長期間できる「つみたてNISA(ニーサ)」の方を推奨しています。

しかしこればっかりは、個々の投資スタイルによってどちらが向いているのかは違いますし、好みもあるでしょう。

自分に合ったスタイルのNISA(ニーサ)を選べばいいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

>>トップページに戻る

関連記事

【投資初心者へ】つみたてNISA(ニーサ)をどこよりも分かりやすく解説します

投資は40代からでも遅くない!! つみたてNISA(ニーサ)のすすめ

「投資は怖い」という人は つみたてNISA(ニーサ)で積み立て投資がおすすめ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です