投資信託の相談はどこにするの? 私の親が銀行にすすめられた商品を購入


投資信託などの資産運用については、どこの誰に相談すればいいのでしょうか。

せっかく投資信託などで資産運用を始めよう、という気になったとしても、ある程度投資に関しての知識がなければ始めるべきではありません。

知識がないということで、手っ取り早くどこかに無料で相談したいんだけど、やっぱり銀行かな、と思っている方はちょっと待ってください。

 

私事ですが、一人暮らししている私の親が、担当銀行員にすすめられた投資信託を疑いもなく購入してしまいました。

その話しを聞いた私はすぐさま解約させましたが、基本的に銀行がすすめる投資信託を購入するのは、よくよく考えてからにした方がいいです。

今回は私の親が、銀行員にすすめられた投資信託を、疑いなくすぐさま購入してしまったというお話しと、

投資信託については、銀行に相談しない方がいい理由

投資信託について無料で相談できるところはあるの?

これらの疑問について解説していきます。

投資信託を銀行に相談しない方がいい理由

投資信託に限らず、資産運用全般に関しては銀行に相談するべきではありません。

銀行の窓口に「資産運用について相談しにきました」と相談しに行くと、銀行員は「どのような資産運用をご希望でしょうか(カモが来た)」となります。

銀行は相談者がいかにして資産を増やしていけるのか、ということを考える以前に、銀行が儲かる商品をすすめてきます。

相談者が儲かるかどうかは、二の次、三の次です。

購入時の手数料が高く、1年間にかかる信託報酬が高いもの、要するに銀行が儲かる商品をすすめてきます。

銀行が投資信託をすすめる理由

銀行に入社しただけで「勝ち組」と言われていた時代もありましたが、今の時代はそうではなくなりました。

日銀がマイナス金利政策を打ち出したおかげで、銀行は「融資」では稼ぐことができなくなり、大変厳しい冬の時代に突入しているといえます。

 

そこで銀行が収益をあげる方法の一つが「投資信託」なのです。

高い手数料、高い信託報酬の商品をお客さんにすすめて購入してもらうことで、銀行も収益をあげています。

私の母親が投資信託を購入

私の実家はどちらかといえば田舎の方なので、昔から付き合いのある銀行には担当者が存在します。

その銀行の担当者は、月に1~2回程度実家に訪問していました。

 

私の父親が亡くなってからというもの、その担当者は、実家に訪問するたびに 母親にたいして「良い投資信託がありますよ」とすすめてきたそうです。

あまりにしつこいので、私の母親は私に相談することなく500万円もの投資信託を一括購入してしまいました。

当然手数料も高く、信託報酬も高い投資信託だったので、担当者からすれば「してやったり」でしょうね。

 

速攻解約させました(笑)。

1年ごとに高額な信託報酬を払い続けるはアホらしいですから。

私の母親が投資信託を解約する、と聞いた銀行担当者は「息子さんに電話させてください」と言ったそうですが、私は当然のごとく断りました。

話しても時間の無駄ですからね。

投資信託はどこに相談すればいいの?

銀行には相談しない方がいいということだけど、じゃあ無料で資産運用について相談するにはどこにすればいいの?ということになります。

ではどこに相談するのが得策なのか、順番にみていきましょう。

1.証券会社

銀行ではなく証券会社に相談するというのはどうでしょうか。

結論を言えば、証券会社もやめた方がいいです。

なぜなら証券会社も商売ですので、銀行と同じく証券会社が儲かる投資信託をすすめてくるからです。

2.ファイナンシャルプランナー(FP)

ファイナンシャルプランナーとは資産運用はもちろんのこと、ライフプランニングや資金計画、また相続や保険に関してなど、お金に関してのあらゆる知識を持った専門家です。

ファイナンシャルプランナーは、銀行や証券会社などの特定の金融機関に属していませんので、銀行や証券会社よりは、中立的な立場で資産運用についてアドバイスしてくれる可能性は高くなります。

しかし特定の金融機関に属していないといっても、ファイナンシャルプランナーの収入源は、銀行や証券会社の商品を販売することで手数料をもらえるという契約なので、全てを信用しすぎるのも注意が必要です。

人によっては親身になって相談者のことを真剣に考えてくれる人もいるかもしれませんが、儲けることしか頭になく、無駄に手数料の高い商品をすすめてくる、というファイナンシャルプランナーもいるかもしれません。

3.資産運用セミナー

資産運用のセミナーって有料じゃないの?と思われるかもしれませんが、無料のセミナーもたくさん存在します。

ただしなぜ無料のセミナーを開催しているのかというと、その多くは、銀行や証券会社の相談窓口と同じで「何か特定の商品を販売したいから」という場合が多いと思います。

また1回目は無料だけど2回目からは有料になりますよ、というセミナーもたくさん存在します。

無料セミナーに参加する場合は、インターネットなどで口コミなど評判を確認してから行くようにした方がいいと思います。

中には怪しいセミナーもありますからね。

4.家族・友人・知人

家族・友人・知人に相談するのは、個人的にはあまりおすすめしません。

資産運用に興味がある相談相手ならありだとは思いますが、全く興味や知識がない人に相談しても反対されるのがオチです。

理解のある家族や友人に話をするのは構いませんが、具体的にどの商品がいいか、を相談する場合は専門知識が必要になるのでこれはまた別問題です。

まとめ

結局のところ誰に相談したらいいの?ということになりますが、やはり一番は自分で勉強して知識を得ることが大切だと思います。

私の親にも言いましたが、自分で勉強をして仕組みをきちんと理解したうえで購入するのであれば、それは全く問題ありません。

しかし銀行がすすめてきたからといって、投資信託の仕組みや中身を全く理解せずに購入するのはよくありません。

それこそいいカモになってしまいます。

 

つみたてNISA(ニーサ)を始めるならSBI証券がおすすめです。
SBI証券[旧イー・トレード証券]

>>トップページに戻る

 

投資信託に関する記事です。

「投資信託」を初心者に分かりやすく解説「地味な投資」こそが資産を増やす近道

eMAXIS Slimが配当込み指数に変更 最強の投資信託になり得るか

投資信託は値下がりしても静観しよう 「投資」であって「投機」ではない

投資信託をすぐに売却してしまう人の5つのダメな思考とは!?

投資信託を途中で売却して利益確定する人が損をしている理由

それぞれの記事を参考にしてみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です