「投資は怖い」という人は つみたてNISA(ニーサ)で積立投資がおすすめ


投資が怖いという人には、つみたてNISA(ニーサ)口座で、毎月コツコツと積立投資することをおすすめします。

つみたてNISA(ニーサ)は、安心して投資を進められる様々なメリットがあります。

特に投資のことがよく分からないという初心者におすすめの投資法で、積立投資を始めてしまえば後は寝て待つだけです(笑)。

今回は、NISA(ニーサ)とつみたてNISA(ニーサ)の違いについてと、つみたてNISA(ニーサ)で積立投資をするメリットについてまとめてみました。

つみたてNISA(ニーサ)とは?

NISA(ニーサ)とつみたてNISA(ニーサ)は混同しがちですが、非課税になる年数等のシステムが異なりますので、運用する前には必ず、どちらが自分に適しているのかを確認してから始める必要があります。

NISA(ニーサ)やつみてたNISA(ニーサ)は、投資により得た利益が非課税となる税制優遇制度で、国民の資産運用を後押しするために創設されたものになります。

しかしぶっちゃけますと、それは表向きのことで、国は「将来年金が少なくなるので、老後の資産運用は自分達でなんとかしてくださいね」と、私達に遠回しに通達していると思った方がいいかもしれませんね。

 

それはさて置き、まずNISA(ニーサ)についてですが、NISA(ニーサ)は、毎年一定額の範囲内で購入した金融商品から得られる利益が非課税になります。

通常投資においては、株の売買等で得た利益や配当に対しては必ず20%の税金がかかってきます。

しかしNISA(ニーサ)口座を開設して利用することで、20%の税金がかからなくなります。

NISA(ニーサ)の年間投資額は120万まで可能ですが、非課税期間は5年と短くなります。

 

一方、つみたてNISA(ニーサ)は、20年に渡り年間40万円まで、条件を満たした株式投資信託やETFを積み立てていくというものです。

通常20%かかる利益や分配金は、NISA(ニーサ)同様、全て非課税になります。

金融庁の基準をクリアした、投資信託やETFを対象とした長期的な資産運用の制度となります。

 

つみたてNISA(ニーサ)は、NISA(ニーサ)に比べると商品数は少なくなります。

NISA(ニーサ)とつみてたNISA(ニーサ)の最大の違いは、NISA(ニーサ)は非課税期間が5年ということに対して、つみたてNISA(ニーサ)は20年間という長期に渡り非課税になるという違いがあります。

つみたてNISA(ニーサ)は長期投資向きの口座ですので、「投資に時間や手間をあまりかけたくない」という人にも向いています。

NISA(ニーサ)とつみたてNISA(ニーサ)はどちらか1つしか開設することができませんので、自分の資産運用に合ったものを選びましょう。

利益が非課税になるという大変ありがたいシステムですので、どちらかを使わない手はないですが、当サイトでは、長期投資向きであるつみたてNISA(ニーサ)の方をおすすめしています。

続いてはつみたてNISA(ニーサ)で運用するうえでのメリットについてご紹介します。

 

つみたてNISA(ニーサ)について詳しくは、

【投資初心者へ】つみたてNISA(ニーサ)をどこよりも分かりやすく解説します

こちらの記事を参考にしてみてください。

 

具体的なオススメ商品については、

つみたてNISA 長期投資にオススメな投資信託 5選

こちらの記事を参考にしてみてください。



おおすめ理由1:毎月少額から投資ができる

つみたてNISA(ニーサ)は、毎月少額から投資することができます。

100円から積み立て投資できますので、投資が怖いという方は、まずは100円からでも始めてみてもいいかもしれません。

さすがに100円をコツコツ積み立てたとしてもなかなか資産は増えていきませんので、しばらくして慣れてきたら投資資金を増やしていけばいいと思います。

コツコツの積み立て投資は、「とにかくリスクを負うのが怖い・・・」といった投資初心者の人にもおすすめの投資スタイルです。

また最初から大金を用意する必要がなく、浮いたお金を投資に回すことができるので、「投資に回す貯蓄なんてない!・・・」なんていう人にもおすすめです。

 

貯蓄なんてないし、毎月投資に回すお金は1円もないよ、という人は、節約がきちんとできていないと思います。

節約するためには、まずは固定費から見直すことで投資に回すお金もできるはずです。

 

節約については、

お金が貯まらない人は、生活の固定費を見直すことで節約しよう

こちらの記事も参考にしてみてください。

おすすめ理由2:つみたてNISA(ニーサ)の商品は、金融庁が定めた厳選されたものだけ

つみたてNISA(ニーサ)の商品は、金融庁が定めた厳選されたものだけとなっています。

そのため、私の親のように、よく分からない商品を銀行に騙されて買ってしまったということはありません。

投資信託の相談はどこにするの? 私の親が銀行にすすめられた商品を購入

 

どの商品も、金融庁により厳しい審査をクリアしたものばかりです。

つみたてNISA(ニーサ)の対象商品は、これからもっと増えていくと思われますが、現時点でも160本以上あります。

長期投資に向いている商品や、投資の初心者でも安心して持てる商品ばかりですので、投資に抵抗感がある人にもおすすめです。

 

160本もある投資商品の中から何を選べばいいの?ということになりますが、当サイトでは、アクティブファンドよりもインデックスファンドの方をおすすめしています。

 

アクティブファントとインデックスファンドについては、

つみたてNISA(ニーサ)インデックスファンドとアクティブファンドどっちを選ぶ?

こちらの記事を参考にしてみてください。

おすすめ理由3:投資信託を選べばあとは何もしなくていい

つみたてNISA(ニーサ)で積み立て投資を行なう際は、投資信託を選びさえすれば、あとは何もする必要はなくほったらかしで構いません。

個別株等の投資の場合は、株を買うタイミングと売るタイミングを見極めて、全て自分で取り引きをしていく必要があります。

しかし、つみてたNISA(ニーサ)の投資信託においては、毎月自動的にお金は引き落とされますし、プロが売買を行なってくれますので、何もする必要がなく完全な放置プレーで大丈夫です。

証券会社、銀行、郵便局などの販売会社を通じて販売され、資産管理を専門とする信託銀行に保管して運用してもらいます。

積み立て運用は、ドル・コスト平均法という投資手法を用いて行われます。

ドルコスト平均法は、株を購入する時に一定金額分を定期的に買っていく投資手法です。

毎月一定の金額で購入するため、株価が高値の時は少量しか買わず、株価が落ちて安くなった時には大量に買うことができるというメリットがあります。

 

つみたてNISA(ニーサ)を始めるならSBI証券がおすすめです。
SBI証券[旧イー・トレード証券]

まとめ

私も当然のことながら、つみたてNISA(ニーサ)で毎月コツコツと積立投資をしています。

私の場合は、つみたてNISA(ニーサ)のほぼ限度額である33000円を毎月積み立てています。

積立投資の王道であるドル・コスト平均法が優れているということは、歴史が証明していますので、まだ口座開設していない方はつみたてNISA(ニーサ)を始めてみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

>>トップページに戻る

関連記事

つみたてNISAでおすすめの商品はどれ? 初心者はS&P500インデックス

つみたてNISA(ニーサ)と貯蓄型保険 資産運用するにはどっちがお得?

投資信託は値下がりしても静観しよう 「投資」であって「投機」ではない


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です