【投資初心者へ】つみたてNISA(ニーサ)をどこよりも分かりやすく解説します


2018年1月からスタートした「つみたてNISA(ニーサ)(以下つみたてNISA)」ですが、その仕組みがどういったものなのか、よく分からないという人も多いと思います。

投資初心者であれば、例えば「任天堂」や「パナソニック」などの個別株に投資するよりも、「つみたてNISA」でコツコツと積み立て投資をした方が、将来的に資産は増えていく可能性は高いです。

「つみたてNISA」は、難しい設定などは何一つする必要がなく、「自動的」に「決まった金額」を積み立てていくだけです。

今回は投資初心者に向けて、「つみたてNISA」とはどういうものなのか、ということについて分かりやすく解説します。

「つみたてNISA」について

 

NISA(ニーサ)(以下NISA)の正式名称は「少額投資非課税制度」と言います。

「少額投資非課税制度」と言われても、何やら漢字ばかりで分かりくいかもしれませんが、まさに読んで字のごとく、「少額」から「投資」ができて、利益が「非課税」になる「制度」という意味です。

それでは、「つみたてNISA」について、詳しくみていきましょう。

「つみたてNISA」と「NISA」の違い

「つみたてNISA」が誕生する少し前に、「NISA」が誕生しています。

「つみたてNISA」と「NISA」は、どちらも国が定めた制度です。

どちらの「NISA」も、投資をする際に非常にメリットが高い制度ですが、中身についてはそれぞれ少しずつ異なります。

イメージ的には「性格が似ている兄弟」のような感じでしょうか。

 

▼「つみたてNISA」と「NISA」の主な違いについて

購入方法 非課税期間 年間投資限度額
つみたてNISA 積み立て投資 20年 40万円
   NISA 単発購入、積み立て投資 5年 120万円

それぞれの主な違いについてグラフにまとめてみました。

それでは順番に詳しく解説していきます。

 

1.購入方法

「つみたてNISA」と「NISA」は、購入できる商品が異なります。

「つみたてNISA」の取り扱い商品は、金融庁が定めた厳選された投資信託のみで、その投資方法は「積み立て投資」一択になります。

「積み立て投資」の投資先は、株式や債券の集合体である「投資信託」ですので、例えば「任天堂」のような個別株を購入することはできません。

 

一方「NISA」の場合は、個別株や投資信託を単発で購入することもできますし、「つみたてNISA」のように積み立て投資をすることもできます。

 

2.非課税期間

「つみたてNISA」の非課税期間は20年間です。

一方「NISA」の非課税期間は5年間です。

 

投資によって得た利益は、通常およそ20%の税金がかかりますが、「NISA」も「つみたてNISA」も、得た利益は全て非課税(税金がかからない)となります。

 

得た利益は全て税がかからないわけですから、これから投資を始めたいという人であれば、「NISA」枠を使わない手はありません。

ちなみに、「つみたてNISA」と「NISA」は、どちらか一つしか選択することができませんので、自分の投資スタイルに合ったものを選びましょう(当サイトでは「つみたてNISA」を推奨しています)。

 

3.年間投資限度額

年間投資限度額については、「つみたてNISA」が年間40万円「NISA」は年間120万円までとなっています。

「つみたてNISA」よりも「NISA」の方が、年間投資限度額が多いのでお得感がありますが、「NISA」の場合は、非課税期間がたったの5年間しかありません。

積み立て投資は、10年、20年先を見据えた長期投資が基本ですので、長期で積み立て投資をしたいという方であれば「NISA」の5年という期間は短すぎます。

長期投資をしていくのであれば、非課税期間が20年間ある「つみたてNISA」の方を推奨します。

 

4.オススメは「つみたてNISA」

例えば「任天堂」や「パナソニック」等の個別株を購入して、値上がりしたらすぐに売却する、といった短期売買をしたい人であれば「NISA」口座にするべきです(つみたてNISAは積み立て投資しかできないため)。

しかし投資初心者が、株等の短期売買、いわゆる「デイトレード」と言われる投資方法を行えば99%勝てません。

短期売買をする個人投資家は、そのほとんどがプロの食い物にされてしまいます。

短期的な「デイトレード」ではなく、株の勉強しっかりと行い、成長株を見極めて投資することができる自信があれば、個別株をやってみてもいいかもしれません。

しかし大半は上手くいかないのが現実です。

そんな投資初心者には、腰を据えた長期の積み立て投資をおすすめしています。

長期を見据えた積み立て投資をするのであれば、非課税期間が長い「つみたてNISA」の方が断然有利です。



「つみたてNISA」が初心者向けである理由

「つみたてNISA」は、「NISA」のように、個別株を購入することができません。

「つみたてNISA」で購入できる商品は、金融庁が定めた一定の条件をクリアした「投資信託」のみとなります。

 

「金融庁が定めた一定の条件をクリアした投資信託」☜ここがミソで、「つみたてNISA」で購入することができる投資信託は、厳選された商品だけです。

中にはイマイチな投資信託も混じってはいますが、銀行員がすすめてくるような、手数料はやたらと高くそのくせ全く儲からないようなボッタクリ商品類は存在しません。

 

また「つみたてNISA」の年間限度額は年間40万円ですので、ひと月33,333円以内であれば、1つに限らず、2つ、3つといったように、いろいろな投資信託を購入して分散投資することも可能です。

ひと月100円~積み立て投資ができますので、投資する資金があまりないという方にもおすすめです。

 

 

「つみたてNISA」制度の開始に伴い、優良な投資信託が次から次へと誕生してきました。

出来損ないの投資信託は、どんどんと淘汰されていっています。

日本もようやく、投資初心者の方でも安心して投資ができる環境が整ってきたといえるでしょう。

 

「つみたてNISA」で具体的なおすすめ商品については、

つみたてNISA 長期投資にオススメな投資信託 5選

こちらの記事を参考にしてみてください。

 

つみたてNISAを行うに当たって難しく考えることは何一つもなく、投資信託さえ選んでしまえば、あとは半自動的に積み立て投資を行うだけです。

 

投資の世界では、一部の才能ある人を除いて短期売買では基本勝てません。

目先の利益にとらわれず、10年、20年先を見据えて、長期で積み立て投資を継続していくことが大切です。

後に詳しく解説しますが、長期間積み立て投資を続けていくことで「複利効果」を最大限に活かすことができます。

 

もう一度言いますが、「NISA」の非課税期間は、たったの5年間しかありません。

「つみたてNISA」の非課税期間は20年間あります。

たったの5年間では、積み立て投資の効果が充分に発揮されないのです。

 

続いては、積み立て投資による複利効果について解説します。


「つみたてNISA」の最大の旨味である複利効果

「つみたてNISA」では、例えば500万円の資金で一発勝負を仕掛ける、なんていうことはできません。

毎月コツコツと、一定の金額を積み立てていくことしかできません。

しかしこの地味な「積み立て投資」こそが、資産を守りながら増やせる、最強の投資法だと思っています。

毎月一定の金額分を購入することで、価格が下がっている時は多く購入し、価格が上がっている時は少なく購入できます。

価格が安い時に多く買い、価格が高い時には少なく買う、まるでどこかの主婦のようです。

このような買付方法を「ドル・コスト平均法」と言いますが、「ドル・コスト平均法」は、資産を守りながら増やす効果的な投資方法なのです。

 

▼ドル・コスト平均法のイメージです。

「つみたてNISA」は、ドル・コスト平均法による積み立て投資を自動的に行ってくれます。

私達は「つみたてNISA」で口座を作った後は、投資信託を選択するだけであとは何もやることはありません。

もちろん、選んだ投資信託の基準価額のチェックは、半年に1度くらいはしなければいけませんが、基本はほったらかしで大丈夫です。

忙しいサラリーマンにとっても、うってつけの投資法ですよね。

 

そして何より、積み立て投資の最大の利点は複利効果にあります。

例えば年利7%で毎月33,333円を20年間、「つみたてNISA」で積み立て投資をしたと仮定してシミュレーションをしてみます。

すると20年後には合計金額が17,465,080円となり、その利息は9,465,160円になります。

元金 利息 合計金額
1年目 399,996 15,490 415,486
2年目 799,992 61,015 861,007
10年目 3,999,960 1,803,042 5,803,002
20年目 7,999,920 9,465,160 17,465,080

普通に毎月33,333円を貯金していたとしても1千万円に届きませんが、20年後には複利効果によりその資産は1千万円を楽々超えてしまいます。

投資する金額が多ければ多いほど、投資する期間が長ければ長いほど、資産の増え方は大きくなります。

 

補足になりますが、投資信託には分配金を受け取れる投資信託と、受け取れない投資信託があります。

ここでは詳しい解説は省きますが、投資信託を選ぶ際は必ず、分配金を受け取れない投資信託を選ぶようにしてください。

分配金とは株式等の配当金とは違い、自分で投資しているお金が戻ってきているだけです。

投資信託を選ぶ際は、分配金を受け取ることができない、つまり、自動で再投資してくれる投資信託を選んだ方が将来的に資産は増えていきます。

 

投資信託について詳しくは、

「投資信託」を初心者に分かりやすく解説「地味な投資」こそが資産を増やす近道

初心者が「投資信託」を買う時に 特に注意するべき3つのポイント

こちらの記事を参考にしてみてください。

積み立て投資における疑問点

毎月決まった日に決まった金額を購入する積み立て投資ですが、以前に次のようなご質問をいただきました。

Q:「ひと月の間でも株価の変動はかなりあります。そうであれば、決まった日に買付するのではなく、株価が安い日に買付した方が得なのではないでしょうか。」

 

A:「確かにその通りです。」

しかし、株価が安い日が本当に分かるのであれば、私が教えてほしいくらいです。

なぜなら、株価が安い日なんていうものは、どんな投資家でも分かるわけがないからです。

その日の株価が高いのか、安いのか、それは後になってから始めて分かるものであり結果論に過ぎません。

株価が安いと思った次の日には、更に安くなっているかもしれないですからね。

株価が安い日がいつであるのか、私達が知る術はないので、毎月決まった日に決まった金額で買付して積み立てていくわけです。

 

ブログ村には役立つ情報がたくさんあります。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

まとめ

投資初心者ほど投資が上手と言います。

必ずしも、投資経験豊富な人が投資上手であるとは限りません。

投資経験豊富な人の方が、余計な個別株に手を出して失敗してしまう、なんてことが多くある世界が投資の世界です。

忠実に毎月コツコツと積み立てることで、着実に資産を増やしていくことこそが投資の王道です。

「つみたてNISA」の積み立て投資は、まさに王道を行く投資法です。

「つみたてNISA」口座を開設していない人は、これを機会に口座を開設し、積み立て投資を始めてみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

>>トップページに戻る

関連記事

投資は40代からでも遅くない!! つみたてNISA(ニーサ)のすすめ

「投資は怖い」という人は つみたてNISA(ニーサ)で積み立て投資がおすすめ

つみたてNISA(ニーサ)インデックスファンドとアクティブファンドどっちを選ぶ?

インデックス投資とは? 概要やメリット おすすめの投資先など詳しく紹介


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です