和製バフェット氏とは何者? 人気急上昇中の米国株ブロガーを斬る


米国株ブログランキングで、人気急上昇中の米国株ブロガーがいます。

まさに彗星のごとく現れた米国株ブロガー、その名も「和製バフェット」さんです。

「バフェット」という名称は、皆様ご存知の通り、投資の神様と崇められている「ウォーレン・バフェット」氏から拝借したものになります。

2ヵ月前までは、米国株ブログランキング30位にすらランクインしていないと記憶していましたが、ここ数日ほどで、一気にランキング上位に食い込んできた人気急上昇中のブロカーです。

今回は、そもそも「和製バフェット」氏とは何者なのか?…そして、有名米国株ブロガーの「バフェット太郎」氏とはどんな関係性があるのか?

以上「和製バフェット」氏の実態について探ってみたいと思います。

和製バフェット氏とは?

和製バフェット氏は、2018年12月31日から「米国株ブロガー」としてブログを書き始めたようです。

それ以前も投資ブログを書いていたようですが、内容は米国株投資メインのブログではなく、「風力発電」「太陽光発電」「外国株式投資」がメインのブログでした。

 

以前のブログに書いてあった和製バフェット氏のプロフィールを見てみると、意外にも株式投資の投資歴は浅いようです。

2017年2月から風力発電に興味を持ち風力発電に投資をし始めました。

また太陽光発電にも投資をしております。

その後投資の学習をしていき、株式投資が一番ということがわかりましたので、株式投資それもアメリカ株式投資に力を入れていくことにしました。

(引用元:和製バフェット氏の風力発電、太陽光発電、外国株式投資記録のブログより)

和製バフェット氏が立ち上げた米国株ブログを読み進めていくと、2019年当初から不動産投資に力を入れている旨の記事がありました。

不動産投資は、投資初心者の方は絶対に手を出すべきではない投資先ですが、この方は不動産投資に関してそれなりの知識があるようですね。

和製バフェット氏も不動産投資をしているようで、入室があるたびにその喜びをブログにアップしています。

 

余談になりますが、どうして不動産投資をやりたがる人が多いのかというと、「初期投資さえしてしまえば、家賃収入の不労所得で楽々儲かる」と考えるからです。

しかし物事はそう上手くいくはずもなく、不動産投資の初心者は、問題ありの物件を掴まされる可能性が高いです。

というのは、不動産を売る側としても、本当に良い物件というのは上客に売ってしまうため、不動産投資初心者はババを引かされることが多い。

不動産投資は、確かに「不労所得の王様」として認知されていますが、その実投資というよりも「経営者」になるわけで、日々入居者が住みたい環境を整える必要がありますし、建物が古くなればメンテナンスをする必要があります。

そもそも人は、「新しい所に住みたい」生き物であり、建物が古くなれば、例えメンテナンスを行ったとしても、入居者が激減するためリスクが高いです。

 

そして和製バフェット氏のブログでは、不動産投資をするうえでの注意点を、事細かに説明しているので、興味がある方は熟読してみることをオススメします。

 

さて、肝心の株式投資についてですが、和製バフェット氏が米国株投資を本格的にやり始めたのは最近のようで、ポートフォリオは都度変更されており、投資銘柄がある程度定まってきたのは最近のようです。

投資を実践して、試行錯誤しながらその記録と共にブログを書いていくというのは、投資ブログではありがちなパターンですが、和製バフェット氏はまさにこれに当たります。

 

ちなみに和製バフェット氏が保有している銘柄は、私も保有している米国ETFの「VTI」、そして個別株の「マイクロソフト」「ビザ」「スターバックス」「マクドナルド」「ユニオンパシフィック」となっています。

ごくごく普通のポートフォリオです。


バフェット太郎氏をディスるのはなぜか?

和製バフェット氏は、自身のブログの中でバフェット太郎氏をディスりまくっています。

バフェット太郎氏とは、「バカでも稼げる米国株高配当投資」という本も出版しており、米国株ブロガー界隈ではかなりの有名な投資家&ブロガーです。

バフェット太郎氏のブログは更新頻度が高く、私もたまに拝見していますが、どちらかといえば「初心者向き」ではなく、「ある程度投資に精通している人向き」のブログ内容になっています。

氏のブログは、時事ネタも多く含んでおり、読んでいて大変勉強なります。

 

バフェット太郎氏のブログでは、「クソダサい投資家」「欲豚」「グッドラック」など、誰が聞いても耳に残るような単語が随所に散りばめられていますが、それを和製バフェット氏が真似をしています。

ただし、唯一決めセリフに関しては、「グッドラック」ではなく「ドゥーユアベスト」と言っていますね。

決めセリフまでパクってしてしまうのはさすがにダメだと思ったのか、もしくは、自身のオリジナルティがほしいと思ったのか…意図は不明ですが。

「ドゥーユアベスト」の決めセリフが決まった暁には、「決めセリフが決まった「ドゥーユアベスト」だ!」と、ブログで紹介しているくらいですから、よほどしっくり来たのかもしれませんね。

 

さて、、、ではなぜ和製バフェット氏は、バフェット太郎氏をそれほどまでに敵対視しているのか…その答えを探るべく、氏のブログを読み漁った結果、一つの結論に至りました。

 

【結論】両者に面識はなく、和製バフェット氏は、ただのバフェット太郎氏のファンだった。

 

今は消されているかもしれませんが、当初和製バフェット氏は、バフェット太郎氏の「バカでも稼げる米国株高配当投資」を、「オススメ本」として自身のブログで紹介していました。

 

しかし途中から、どういわけか、ファンであったはずのバフェット太郎氏のことを悪く言うようになっています。

しかも最初の頃は、バフェット太郎氏のことを軽めにディスっていた和製バフェット氏ですが、今では「クソダサい投資家&プロブロガー&お笑い芸人」と、かなり過激にディスるようになっています(これは大丈夫なんですかね)。

更にブログの中で、バフェット太郎氏を「おまえ」呼ばわりし、「バフェット太郎氏は威張っているだけで、大したことないクソダサい投資家だった!!」なんて言っちゃっています…。

ここまで来るとただの悪口ですwww

 

和製バフェット氏は、バフェット太郎氏を愛するあまり、その「愛情」は、いつの頃からか「憎悪」に変わっていったのでしょうか。

相手のことを愛しすぎるあまり、とんでもない事件を起こすとはよくある話ですが、そういった類なんでしょうかね。

その真相は、和製バフェット氏のみぞ知るところです。

まとめ

今回は、人気急上昇中の米国株ブロガー、和製バフェット氏について記事にしてみました。

ひどいディスりは置いておくとして、氏のブログは、ためになる情報を発信をしていることは確かです。

和製バフェット氏の今後の活躍に期待しています。

 

和製バフェット氏のブログです。

和製バフェットのシークレットポートフォリオ

最近新しいブログを立ち上げた模様です。

和製バフェットのシークレットポートフォリオZ

 

バフェット太郎氏のブログです。

バフェット太郎の秘密のポートフォリオ

 

関連記事です。和製バフェット氏のポートフォリオにも組み込んである「VTI」は、私もメインとしている投資先であり、万人にオススメできる投資先です。

和製バフェット氏とは何者? 人気急上昇中の米国株ブロガーを斬る その②

2019.07.03

 

米国ETF「VTI」を30万円買い増し 投資が下手でも安心して買えます

2019.05.12

 

バンガードETF「VTI」を購入するタイミングについて考察

2019.07.07

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

米国株ランキング

>>トップページに戻る


5 件のコメント

    • >和製バフェットさん

      はじめまして。
      まさかご本人様が書き込んでくださるとは光栄です。
      ブログは楽しく拝見させていただいています。
      今後ともよろしくお願いします。

      ドゥーユアベスト

  • 元々他人の投資法をクソダサイ呼ばわりしてたのはバフェット太郎氏の方では?
    しかも、自分の投資のパフォーマンスは高配当斜陽産業の株ばっかり買ってくそダサい状況なのに。
    それは棚に上げてもバフェット太郎のことをクソダサイと言うと反応するのっておかしくない?

    バフェット太郎のブログって、高配当ばっかり推してる時点で超素人向けでしょ。てか、本人も金融リテラシー高いとは思わないし。

    • >ダルシムさん

      書き込みありがとうございます。
      私はバフェット太郎氏が嫌いなわけでもないですし、投資スタイルがクソダサいと思いませんが、いろいろな意見があっていいと思います。
      バフェット太郎氏も敵を作るような書き方をしているわけですからね。
      叩かれてしまうのも当然と言えます。

      • 少なくとも、平均以下の運用成績なのに、平均以上の成績で資産を増やしている人のことを「クソダサイ」呼ばわりするのは、とても「クソダサイ」ことですよね?
        ここを否定すると単なるバフェット太郎信者ですよ。

        バフェット太郎氏に批判的な人には疑問符を付けるくせに、元々のバフェット太郎氏の言動には何も疑問符を付けないのはおかしくないですか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です